単位の勉強は生活の中で

学習環境
この記事は約2分で読めます。

宿題交換でお母様方ともお会いする中、学校の算数で、「単位をうまく教えられない~」というお話が出ました(^^

単位、かなり小学生の鬼門です。

単位の学習は、紙で解く問題だけでは習得は難しいので、日常にもぐり込ませていきましょう。

 

例えば、写真の計量カップ。

この休校期間中、我が家では次女に「カフェ屋さん」の仕事をお願いしています。

計量して作るタイプのジュースを、おやつの時間に作ってもらっています。

mlやgの単位が出てきますが、特に抵抗なく使っています(^^

 

写真右のピンクのコップは、計量用のメモリがついているプリキュアのコップです。

何年か前からセリアに売っている、計量カップコップシリーズ。

我が家はプリキュアのイベントに毎年行って、お楽しみ袋を買うのが恒例だったので、その中に入っていました。

なので、次女は幼稚園の頃から、mlは使いこなしています。

次女「牛乳飲んで良い?」

私「もうすぐご飯だから50mlだけね」

ってな具合に!

 

写真のジュースも、どれくらい粉を入れて、水を入れて、を自分でやっているので、だいたいの感覚は分かってきたようです。

単位がからむのは、お菓子作りとかも最適。

また、レシピと人数に応じて比の計算も必要です。

比は、とても重要な感覚ですが、お料理する子はすんなりと理解が進みますよ(^^

ジュース作りも、自分の欲望のためなので、ていねいに計量しています。

 

長さの単位も、定規でいろいろ測ったり、線を引いたり、工作で使っていくのが一番の近道。

まだお家時間が多い今こそ、ぜひいろんな単位で楽しんで下さいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました