中学生さんが「来月は月謝倍額!」と脅された?!理由

中学生クラスの日常
この記事は約2分で読めます。

中学生さんの授業では、計算を間違える場面に出会います。

これがもう、必ず、全員あるのです…。

その理由は。

 

途中を書いてない…。

 

はい、これだけです。

書いたら絶対に間違えないのに、どんなに自信があるのかわかりませんが、書かずに計算するんです。

たまに、その様子を授業で見ていますが、頭の中で一生懸命計算しているのか、手がずっと止まって、じーーーっと問題を見ているタイミングがあります。

…それ、書いた方が速いやん(;・∀・)

 

ちょっと複雑になってる文字式ですが、一つずつ手順に沿って変形していくと、するすると答えが出るので、スッキリ。

私はこれがとっても好きなのですが…、毎年、全員、絶対に書かない(苦笑)

でも、学校でも上位に入る人、10番以内に入るような人ほど、書いているはずです。

だって間違えたくないですもん。

 

休校中からずっと取り組んでいる計算で、やり方はわかっているし、説明を聞いたらわかるのに、まだまだ間違いが出ているのは、こういう理由です。

この前も、全員まちがえた問題があり、何で?と思ったら、全員書いていませんでした。

さすがにこの時は、「今度、途中式書かずに間違えたら、来月はお月謝倍額やー!」と叫んでしまいました(笑)

 

「間違えない自信」があるなら、書かなくても良い、という意味です。

え?ヤバイ!と思う人は、書いてください。

自信のないことは、しないように!

で、全員「それは困る」という反応でした。

まだまだ自信がないのならば、おとなしく途中式を書きましょう(^^

 

中学生さん、今回の数学の範囲は、かなりやりこんでいるんです。

後は、「間違えたくない!」のメンタル。

 

文章題の問題だって、一緒にやれば書き始めるのに、家で自分でやる問題は全部赤で写して終わりです。

「1行でも書きたい!部分点もらう!」

の気持ちが無いと、やり方は知っていても、結果にはつながりません。

ちょーっと、今までの努力が実ってないな~~~と思う場面が、気になる中学生さん。

せっかく休校中も頑張ったんですもん。

今度のテストは、満足のいく結果が得られるように、あともう一歩頑張りましょう!

 

でも、学校の数学での50問テストは、なかなか良い結果がGetできたようですね(^^

話をする、皆さんのお顔がとっても誇らしげだったので、私もうれしかったです。

定期テストでも再現しますよ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました