計算練習を通して『頑張った』経験を得た人たちは強い!

小学生クラスの日常
この記事は約3分で読めます。

みなさんのプリントを採点していると、とーっても感動する場面があります。

それは、『自分で頑張った結果が出た』とき。

 

100マスの引き算で、いつも同じところを間違えてしまう4年生。

お家でやるときに、答え合わせしてみて、間違っているところを自分でチェックしてみよう!

と、解答を渡して、セルフチェックをしてもらっていました。

とてもまじめに、一生懸命、半年以上かな?続けていました。

ちょっとずつ減って来ていたものの、本番ではやっちゃったーってことも続きました。

それが、ここへ来てノーミスが増えてきました(*^▽^*)

 

わり算のあまりの計算を、半分くらい間違えてしまう5年生。

計算のやり方を変えるよう伝え、こちらも地道に取り組んでもらいました。

何度も何度も、自己流に戻ってしまっては、繰り返し伝え続けました。

それもここへ来て、ノーミス!

時間はまだかかりますし、問題数は減らしましたが、初めてのノーミスです!

 

負の100マスにも挑戦している6年生。

なかなか慣れなくて、ゆっくりペースの人もいます。

でも、他の計算はすごく速いんです。

何をやっても速くなっていたので、私も忘れていました。

そうだ、この子は、膨大な努力で得意になっていたんだ!

 

 

小学生にとって。

自分で答え合わせをすること。

やり方を変えて、できるようにすること。

新しいことにチャレンジして、できるようになること。

どれも、とても難しいです。

特に答え合わせは、「解き終わったら宿題終わり!」な気持ちになるので、なかなか正しくできません。

現に、漢字ノートの答え合わせも、違っているのにオール〇!な人続出です(笑)

 

頑張ろうという気持ちを持ち続け、目の届かないお家で、自分で頑張れたことは、本当に素晴らしいと思います。

計算と漢字は、やればやっただけ結果が出ます。

人よりは速くならなくても、過去の自分には絶対に勝ちます。

 

100点を取って欲しいから、勉強しているわけじゃありません。

「頑張ってできるようになった」経験を積んで、頑張ること、できるようになることが、その子にとって当たり前になって欲しいと思っています。

もちろん、それはスポーツでも何でも良いと思います。

でも、中学生までの勉強は、時間をかけた分だけ誰でも伸びるし、1日の大半を過ごす学校が楽になるので、私は勉強でお手伝いしたいと思っています(^^

 

今回、とっても頑張っている人たち。

その頑張りは、計算とは違うところでも、自分を支えてくれると思います。

感動をありがとう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました