まさかの落とし穴。切り紙でこんなに苦労するとは思わなかった( ;∀;)

小学生クラスの日常
この記事は約2分で読めます。

切り紙シリーズ。

4年生以上は英語発表会の練習が大変だろうと、切るだけの宿題でお手軽に、と思っていたのですが…。

全く成功しません(笑)

それどころか「難しいから折り紙に戻して」って言われるオチ…。

 

↑の写真は5年生クラスです。

紙で失敗したからと、折り紙で作ってきてくれたけど、ち、違う図案( ;∀;)

図案のタイトルは、家学リストに書いているのですが、誰も見てない様子です(笑)

正解は、中央上の形でしたが、みんな、中を抜かずに、これで良いの?って様子でもってきていました。

なので、教室でチョキチョキ。

 

そもそも、折り紙を等分して折って、形を切り抜くってことが、ピンとこないようです。

「雪の結晶とか、お花とか、小さい頃作ったでしょ?」と聞いても、「やったことなーい」ってお返事が。

だから、折った紙を切って広げたところの想像が、できないので難しいと言っていました。

 

こちらは6年生。

一人、忘れ!

夏休み明けて、忘れ物がかなり増えていますよ~!

特に5年生、6年生の男子~!

 

一人、切ったらバラバラになっちゃったので、自分で検索して印刷して、切ってきてくれた人も。

すごい!

昨日の話じゃないけど、自分でリカバリしてる!!!!

お母さんに手伝ってもらってるわけではないとのこと、本当にエライです。

なので、違う型紙を印刷しちゃったのは、ノープロブレム。

 

来週は、『鬼滅の刃』のねずこちゃんの着物の柄、『あさのは』です。

ちょっと難しいけど、頑張ってやってみてくださいね~(^^

コメント

タイトルとURLをコピーしました