恐竜好きな次女さんと、化石発掘に行ってみました!ドラえもんの映画みたい!

知育お出かけ
この記事は約2分で読めます。

恐竜好きな次女さんと、今日は化石の発掘へ。

ずっと化石掘りをしてみたいと言っていたので、3年ぶりに行ってみることにしました。

まずはちーたんの館です。

>>> 丹波竜化石工房 ちーたんの館

恐竜の骨格見本を見ながら、「お腹に入りそう」「これなら乗れそう」などなど、空想をふくらませたり(^^

でも、一番張り切っていたのは、お土産の恐竜グッズ売り場。

今日はトリケラトプスだったかな?

大き目のフィギアを選んでました。

 

その後は、元気村かみくげで、発掘作業です。

>>>元気村 かみくげ

写真の次女さんのように、ゴーグルをかけてコツコツと岩を砕いて探していきます。

ドラえもんの映画の冒頭、博物館か何かの庭で、子どもたちが発掘作業をしていた、そんな感じです。

 

これ、全部、本物の資料で、発掘体験、というよりも、本物の発掘。

全部資料番号などふられていて、どの石から出たなども、全部記録されているのです。

例え、化石が見つからなくても、「化石が無いことを発見した」ということ。

うーん、カッコイイ!

指の先くらいの大きさの石の中に、ちょっとした色の変化を見つけては、化石じゃないか確認してもらいます。

すぐに飽きるかな?と思っていたけど、めっちゃ真剣そのもので、ずっと熱心に観察しては、何度も確認してもらう次女さん。

そうだ、確かに細かい作業大好きだし、めっちゃよく見るので、好きな作業かも。

周りは恐竜好きな小さい男の子が多かったけど、石を粉々にして遊ぶ方が楽しそう。

「これは全部博物館が管理している石で、化石が入っている可能性が高いので、大切に扱ってください」

と何度も念押しがあったのは、こういうことなのかも(^^;

 

思っていたよりも他のしかったようで、また挑戦してみたい!と言うので、寒くなる前にまた行ってみたいと思います♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました