お家遊びのネタが満載!我が家流の鬼滅の刃の楽しみ方!

オフ日記
この記事は約3分で読めます。

オフなので我が家の『鬼滅の刃』を。

次女さん、最近は一生懸命お絵描きしてます。

コミックスの表紙を透かして写したり、模写したり。

最近は服装を覚えたようで、見ないでも描けるようになった!と大喜び。

小学生になって、幼稚園の頃ほどお絵描きをしなくなったなーと思っていたのですが、描きたいネタがあればたくさん描くようです。

お絵描き大好きっ子な私は、次女さんがいっぱいお絵描きしていると嬉しい♡

 

次女さんの様子を見ていると、鬼滅は「大好き」とまではいかないのですが、お友達と共通の話題で盛り上がるのが、とっても楽しい様子です(^^

特に、お絵描きを一緒にしたり、透かし絵をあげたりするに夢中。

お友達から「次は〇〇描いて欲しい」と言われると、頑張っています。

 

面白かったのが、クラスでいじわるで暴れん坊の男の子。

リクエストがあったそうで、次女さんはそこで「だいぶ先やけど良い?」と聞いたら、「いつまでも待つ!」とのお返事。

気をよくして?!「じゃあ宿題ちゃんと出して」と、逆リクエスト。

学習係で宿題チェックのお仕事で、いつもトラブルがあったそうですが、絵のリクエストを受けてからは、次女さんのいうことを聞くようになったそうです(笑)

「言うこと聞いてくれるから、絵を描いたらなあかんねん」

だそうで(^^;

 

今日はアイロンビーズの図案をネットでダウンロード。

アイロンビーズも、一時期たくさん買っていたのですが、特に作りたいものが無かったので、放置気味。

でも、作りたいと思ったようで、せっせと頑張っていました。

 

この図案の作成者さんのコメントで、「好きなキャラクターで、子どもたちが楽しく集中して製作することができたら嬉しい」とうような内容がありました。

ほんと、同感!

こういう細かい作業って、親としては、できるだけ熱中できる子であって欲しい!

成長期である、小学生の頃のこういう経験は、非認知能力を育てるのにも最適だと思います(^^

何かを集中して作った経験は、学習面でもとっても役立ちます。

(だからアートイベントをなるべく多く取り入れてます)

 

わが家的には、作品に夢中というよりは、作品を使って遊ぶことを楽しんでいる具合。

そうそう、100マス計算が速くなるたびに、「今の階級どれくらい?」と聞いてきます。

何となく、キャラクターになり切って頑張るのも楽しそう。

教室に掲示されている、1分切りの勇者たちは、上弦の鬼扱いです(笑)

 

まだこの冬は、お家時間も長くなるし、いろんな鬼滅グッズを作って楽しみたいと思います☆彡

コメント

タイトルとURLをコピーしました