大晦日は教室のレイアウト変更に、中学生さんのオンライン指導♪

中学生クラスの日常
この記事は約3分で読めます。

自宅からカラーボックスを教室に運んだついでに、レイアウト変更です。

少し前から、机の並びを変えようとアイディアを温めていました。

が、ちょっと思っていたのと違うかなーと、あーでもない、こーでもない。

とりあえず配置だけ変えて、年が明けてから掃除しつつ、整えていこうかと思います(^^

教室の後ろはこんな感じ。

教室のレイアウト配置は、開塾当初からなので、10年ぶり!

ん?

最近教室のエアコンのききが悪いのは、10年物だからかも…(ノД`)・゜・。

(開塾~次女さん出産までは、ゆるーく2クラスぐらいでやっていましたが、だいたい10年くらいです)

配置を変えると、教室の後ろがすごくスペースが開いていて、次女さんとビックリ。

「走りたくなるなぁ」って、次女さんが走ってます。

そーだよね、子どもってなぜか走り出しちゃうよね(^^;

だから敢えて、せまく区切る塾も多いですよ~。

後は、大きなディスプレイ入れて、板書を減らしたり、動画をうまく使って授業効率を上げたいと考えています。

週に通う時間を増やさず、質を高める(*’ω’*)

…まだディスプレイなどIT周りの準備ができてませんが、来年度中の目標です!

さて、そんな中、中学生さんは年内の宿題提出を終えるべく、いくつか来ているLINE提出に返信を。

通塾は週に1度ですが、LINE提出があるので、個別指導が週1で入るイメージです。

内容は数学の証明問題。

慣れたらルールに合わせて書くだけなので、得点源になりやすいのですが、「ルールに合わせる」のが、まだまだ練習中。

だから、オンラインで何度も再提出してもらい、少しずつルールを覚えてもらう作戦です。

ところが、写真解説、動画解説を送っても、まだルールがしっくり来てないケース。

バツはバツでも、今回のケースは勘違いポイントがいくつかあるぞ!と思ったので、直接話した方が良いと思い、今日はビデオ通話で、私が解いている様子を見せながら、一緒に練習してもらいました。

私が模範で解答を作る手順をたどり、その子がよく勘違いしていたところを指摘しつつ、こうやるんだよのお手本を。

そうやると、解答は自分で答えられます。

今まで間違えていたのは、手順があいまいだったこと、やっちゃいけない作法を知らなかったこと。

それがわかれば、解答はすぐにできました(^^

後から送ってもらった、他の問題のやり直しもバッチリ☆彡

でも、この説明に時間がかかるので、普段の授業で個別に指導するのは難しいです。

問題を解いて自分で直しても、なかなか自分では勘違いに気づかずに、ずっと同じ間違いをしちゃうことは、今までありました。

2問の説明に30分くらいかかりましたが、お互いにお家なので、通塾の手間などもなく、さくっと終了!

わざわざ次の通塾でやると、時間もたって忘れているし、効果は薄いなーと思います。

こんな寒い日に、通塾しないで暖かいお家で、間違ったところがさっとできるようになるなんて、LINEのおかげ!(笑)

提出してもらうことで、私もじっくりと「どういう考え方で間違えちゃったのか」を見ています。

この視点は、自分じゃなかなか得られないので、中学生さんたちにはラッキー♪と思ってもらいたいところです。

例え、提出がめんどう~!って思っても(笑)

まだご本人たちは、価値を感じてもらえないかも知れませんが、ここを理解できたら、成績も伸びますよ~!

さて、今年もいよいよ終了です!

また来年もよろしくお願いします(*^▽^*)

コメント

タイトルとURLをコピーしました