お正月から『鬼滅の刃』について、まじめに考察してみたこと!

オフ日記
この記事は約3分で読めます。

昨日、『鬼滅の刃』を見ながら、少し真面目に思ったこと。

キャラクターの人気や、鬼との戦いのちょっと怖い場面など、親として「見せるか見せないか」が一時期ネットで話題にもなりましたが、私なりの結論。

 

こんなに普通で、真っ当な作品って、なかなか無いのでは?

鬼滅の人気は、これからを生きる私たちに必要な言葉が、いっぱい入っているからなーと思いました。

30年前なら純粋に作品として楽しんだのに、すっかり親目線で見ちゃう自分が、オタク失格で悲しいです(^^;

 

最初にマンガを読んだとき、すごくびっくりしたのが、「キャラクターが普通に死ぬ」ということ。

すっごく不条理に、次から次に不幸が来ちゃう。

主人公たちは、つらい思いを背負って、それでも前向きに乗り越えていく。

 

あれ?

このキャラ、出てきてすぐに死んじゃうの?

ジャンプ連載だし、本当は生きていたとか、あるんだよね?

あ、でも、現実はこんなことあったら、人って死ぬんだった。

なんて、思いながら読んでおりました。

 

現実の世の中には、鬼はいないかも知れない。

でも、事故や災害は世の中には多くて、突然、日常はうばわれるかも知れない。

例えば、家族の身に何かあったとき、もしかしたら、次女は鬼滅を読みながら、自分の境遇と重ね合わせて、励まされるかも知れない。

そんな万が一はイヤだけど、でも、もしものときに、子どもたちの心の支えになる作品の1つに、なってくれたら良いなと、読みながら思いました。

(特に23巻)

 

登場人物が死ぬときの描写が、敵味方、何でもない人物、などに関わらず、葛藤などの内面までしっかり描かれている。

死を悲しみ、怒り、苦しむ、その連続で、でも前を向いて歩いていく。

普遍的で、日常的で、でも壮大なテーマだと思います。

物語は、「ありえない」設定でも、そこに描かれているのは「普通のこと」に感じました。

だから多くの人に響くのかな、と。

 

私の感想としては、その普通のことが、ハッキリと言葉にされていることが、読んでいて心地いいですし、子どもたちにも、響いて欲しいなというところです。

今はまだ、「カッコイイ!」だけでも、もうちょっと大きくなったときに、ね。

 

 

 

後、本当に趣味の範囲ですが、作者の設定の細かさに、個人的には大好感。

緻密な設定の物語って大好きで、壮大な世界を大きく広げて、矛盾無く閉じきれた作品にはリスペクト!

鬼滅では本編に描き切れてない設定を、単行本につらつら書いているのを読むのが好きです(^^

作者の作品への愛をすごーく感じます♡

コメント

タイトルとURLをコピーしました