第4回英単語天下一武道会終わりました!1年前と比べてどうかな?!

英単語天下一武道会
この記事は約3分で読めます。

自由参加の2年生さんも、日曜日で締め切りだったので、全学年終了です(^^

さぁ、みなさんいかがだったでしょうか?

 

「えんむと戦いたいから!」

と、頑張ってくれた2年生さんもいました♪

で、その話を聞いて、じゃあ自分も!と次女さんまで張り切っておりました。

 

4年生クラスは、安定の上位狙いばかり。

連続パーフェクト目指してとっても頑張っています。

1年前の3年生の頃からなので、本当にすごい!

恐らく、頑張るメンバーが多いので、お友達パワーで取り組めているんだと思います。

こういうのは小学生クラスの頼もしいところです☆彡

 

5年生クラスは…あれれ?

「忘れとったー!」

の声が多かったですよ?!

おかしいなぁ…。

お休みの間のイエガクリストにも、「天下一武道会練習」って毎回書いておいたのに(;・∀・)

とは言え、このクラスには、中学生レベルで英語のつづりまで解答しちゃう猛者もいるのです。

 

6年生クラスは、うん、いつもより順調かな…と見ていたら。

あれ?

英語で書いてるの?!

何と!

「もう次からは中学生だから英語で書かないとねー」

と、言ったことを勘違いして、英語で練習してきてた( ゚Д゚)

まぁできるなら、どんどん英語で覚えて欲しいのでノープロブレム!

よく頑張ってます!

 

中学生さんは…こちらも極端。

忘れてて、ぶっつけ本番な人も。

日本語の意味の他、英語のつづりを書くまでが課題ですが、中学生さんの場合、あまり聞いての練習はしていないようです(^^;

だから、音を聞いて単語を書くのに、音が拾えていません。

多分、「日本語→英語」のテストならできるんだろうな~と思いました。

 

これ、高学年さんでも同じことがありました。

プリントで見ると、英単語自体は難しくないので、聞かなくてもできそう!と思っちゃいます。

でも、日本語の発音で読んじゃうので、英語の発音を耳で聞くと正解できないんです。

うーん、英語4技能が重要と言われて、入試でもリスニングの比率が上がっているから、こういう取り組みをしている意味、わかって~~~!

 

フォニックス読みのテストでは、フォニックス練習中の4年生さんが一番スムーズでした。

5年生、6年生さんは、かなり怪しくて、中学生さんが一番怪しい(苦笑)

特に上の学年ほど、単語は読めるので、単語から読み方を推測することが多かったです。

最後は一番難しかった「brown」。

めっちゃ引っかかってました。

さぁ、次回の授業では結果発表です(#^.^#)

コメント

タイトルとURLをコピーしました