家庭学習をしていなくても成績UP!そんな卒業生さんたちはどんなタイプだった?!

学習環境
この記事は約5分で読めます。

昨日書いた、「プラスアルファの家庭学習」。

学校や塾の宿題が正しく(ウソ勉強しない)さっとできるようになってから、ですよー(^^

宿題に文句言っている内は、難しいので、まずはそちらを優先してくださいね。

もちろん、プラスアルファが無くても、十分上位に入っていくのは可能です。

(最上位には家庭学習が必要だと思います)

長女を含めて、今までの卒業生さんたちも、家庭学習をしているとは言えませんでした(笑)

ただ、学校と塾の勉強だけで、順調に順位が上がっていった人には共通するポイントがあります。

今日はそのポイントについて書いてみますね。

 

・本人が順位を上げたいと思っている

これが無いとどうしようもないです(^^;

じゃあどうやったら思ってくれるか?

「頑張ったらできる」という感覚を、小学生の間に育めるかどうかかなーと思います。

100マス計算でも、どんどんタイムにチャレンジして、ご家庭で楽しんでいらっしゃるなど、順位がつくものを楽しんでいく感覚が欲しいです。

うちの長女さんは、これが割と大きかったかも。

「良い点数を取らないとイヤ」という欲望が、一番効きます。

 

・集中力がある

普段はおサボリもあっても、勉強しようと思ったら一気にできる!

ぐっと集中して、長時間の勉強ができたり、スピードを持って取り組める人は、伸びやすいです。

小学生さんの宿題で集中してできない、時間が掛かりすぎるなどは、中学生になると伸び悩むので、宿題のやり方を工夫していきましょう。

教室で見ていても、漢字練習が黙々とできない人は、まだまだ修行が足りないな~と思っています。

鉛筆の持ち方が悪くて、手が痛くなって集中できない人も多いです。

持ち方は学力に影響するので、私からもかなり注意しています。

 

中学時代に順位爆上げの現高校生は、小学生の頃、縦長の漢字ノートを1週間で終わらせてきたくらい、やり始めると爆発する人でした(^^;

当時は「進められるなら、先に進んで良いよ」ルールだったのですが、ビックリ!

他にも、宿題の指示を聞いていなくて、習っていない単元まで数学のワークを終わらせてきた猛者も、爆上げさんでした。

(指示を聞いてくれ…)

ただ、むらがあるので、「普段からやってよー」と、私はいつも嘆いていました(苦笑)

 

・解けたら楽しい!がある

数学などで、難しい問題が正解したときが嬉しい!

そういう発言が出る人たちでした(^^

テスト勉強しているときなど、「これめっちゃ難しいけど、解けたら嬉しい」って声が、素直に出ていたのは、よく覚えています。

数学の10問テストでも、めっちゃ粘って粘って、すごーーーーく時間が掛かって、遠回りの計算をたくさん書きまくって、正解!って人もいました。

問題を解くことを楽しめる、そんな人は、現在の成績に限らずに、ぐんぐん後伸びできます。

 

・検定試験大好き

定期テストの勉強はしないのに、検定はカッコイイと思うのか、先取りでどんどん受けたい!っていう人も。

それ勉強するなら、学校の教科書読んでよ…と、何度声かけたことか( ;∀;)

でも、検定に向けての勉強を頑張ったことが、後々に生きてきたかなーと、結果からは思いました。

まだ先取り英語でもやっていない英検の級を、早く受けたいとリクエスト(^^;

自分で勉強する方法はお伝えして、お母様にもご家庭でできるようにアドバイスしていたので、無事合格しましたが、そういうのが受験勉強での「自分で勉強」にも役立ったのかもと、思います。

検定試験に「やるやる~!」というタイプの人は、チャレンジするのが好きなので、伸びやすかったです。

最近、小学生さんに漢検など進めているのは、ここへの着地点を想定しているからです(^^

余裕のある小学生の内に、当たり前になっていけると良いな~と思ってます。

 

・素直にアドバイスを実行する

当たり前ですが、これができない中学生さんは多いです。

「こういう手順で解いたらやりやすいよ」

いろんな場面でお伝えしていますが、何度言ってもできない人は、何も変わりません(^^;

ちゃんと取り入れている人は、ぐんぐんできるようになります。

小学生さんを見ていても、「漢字の書き順見るよ」と言われて、さっと見る人、全く見ない人、それぞれです。

小学生の間では「別にいいじゃん?」なことでも、中学生になると致命的になるので、未来を見て小学生時代を過ごして欲しいと思っています。

 

 

 

思いつくままに挙げてみましたが、どれも本人次第ということです。

でも、その「本人次第」は、小学生の間の環境で用意できるかなと、私は思っています。

教室では、そんな気持ちが育つように、100マス計算のタイム記録を取ったり、漢字ドリルや英単語などの順位は必ず発表しています。

100マス計算や、この新学期の漢字練習など、集中して取り組む練習も、ちょっと未来を姿を見ながら進めています。

 

 

ぜひご家庭でも、この視点で見てみてくださいね。

これに家庭学習が加わると、最強だなーと思いますが、まずは下準備として、こういうポイントをあげてみました。

最近は熱心なご家庭も増えてきたので、中学校の成績につなげるために、こういう視点も参考にしてみてください(^^

コメント

タイトルとURLをコピーしました