3年生クラスの音読録音♪音読を練習することで、学力の底上げをめざしましょう!

3年生クラスの日常
この記事は約3分で読めます。

6月の月末は音読の録音日!

なので、まだ少し読み間違いが多い3年生クラスは、音読をお家練習です(^^

毎回、誰かが、それぞれ違うところを読み飛ばすので、なかなか揃わない3年生さん。

1人1人だと一緒に練習できますが、一斉授業では個別にみる時間が取れないので、お家練習をお願いしました。

こちらも高学年の英語と同じく、録音提出!

 

日曜日から、一生懸命頑張っている音声が次々届きます(^^

画面は好きなものを写して良いとしているので、自分で選んだオモチャや、描いた絵が映されています。

自分の音読を客観的に聞くことが無いので、聞いてみて、あれ?と思った人もいたみたい。

自分が納得いくまで、いっぱい練習して撮り直して送ってくれた人もいました。

 

こういう機会があるだけで、いつもの音読もぐっと上手になりますね(^^

普段は声の大きな人にかくれちゃう人も、細かいところまで聞けて良かったです。

 

たかが音読、と思われるかも知れませんが、この機会を上手に使って、学校の本読みも上手に使えるようになって欲しいと思います。

お子さんたちが「本を正しく読んで」いるか、また、どういう風に読んでいるか。

聞いてみたり、練習することで、自分を客観視したり、ステップアップする機会としてとらえたり。

 

一般的に、小学生のほぼ9割近くは、字を見ていても、文章は読んでいません。

中学生の9割近くは、教科書を読んでいません。

本人は「読んだよ」と言うと思いますが、声に出して読めても、内容をイメージし、理解し、インプットすることはできていません。

そりゃ、何時間勉強しても、全然覚えられないです。

国語の問題文も、行ったり来たり、該当部分を何度もたどっても、それが答えだと気付かないケースがよくあります。

文章を普通に読んで理解するだけで、小中学校の勉強はかなり楽にできるようになりますよ~!

えーっと、ちなみに、教室の授業で見ている3年生さん、算数で問題文を自分で読んでいるのは半数です(^^;

(サァ、ココカラガ、ガンバリドコロダ)

 

そして何より可愛い音声。

うちの次女さんも、普段はなかなか録音させてくれないのですが、「提出なんだよ」と言うと、仕方なく?録音させてくれました。

ふふふ、このちょっと、まだ幼い声、永久保存だぜぃ!

小さい子の本を読む声って、かわいいですよね。

ぜひ、学校の本読みも、ときどき録音してあげてくださいね(^_-)-☆

学力も上がって、かわいい音声も録音!

めっちゃオススメ学習法なので、他の学年の人たちも、ぜひいろんな教科書を音読してみてください☆彡

コメント

タイトルとURLをコピーしました