2年生クラスの夏休みスケジュールの手順はこれ!良い習慣作りスタートです♪

学習環境
この記事は約4分で読めます。

2年生クラスの夏休みスケジュール!

まだ範囲がはっきりしなかったり、自分たちでうまくできないと思うので、ご家庭でのサポートお願いします。

うまくできないことがあっても、とりあえず今年やってみたら、「そうするもの」という認識が育つので、来年以降が楽になります~(^^

 

スケジュール表セット内容物確認

まず、本日は1人ずつ、袋にプリントとシール、そして付箋を入れています。

・算数=青シール

・国語(漢字)=赤シール

・ワーク=緑シール

と、内容によって、違う色を使います。

漢字ドリルは「○ページ」と既に分かっている方の分は、その枚数に切って入れています。

計算ドリルと、ワークは、ページ数に応じて、必要な枚数をお使いください。

余った分は、来週返却をお願いします。

 

ワークのページ数は、大きな番号でカウントします。

量が多少違っても、1回で取り組むのは、大きな番号ごとにしましょう。

これは3年生次女の解答なので、社会など4教科あります。

2年生ならば「さ1」とかでも良いですし、シールには数字だけ書いて、プリントの方に「国」など書いても良いでしょう。

 

ぜひとも習慣づけていただきたいのが、やり始めたらそのページをやり切るということ。

中学生さんでも、ワークの途中で放りっぱなしの方が多いのですが、そういうやり方を続けても、学力は上がりません。

放っておくと、ほとんどの子どもは、気が向いたら進めて、飽きたらやめてしまう傾向があります。

気が向いたらやるのではなく、「今からここを終わらせよう」とゴールを見て、取り組む習慣をつけて欲しいと思います。

 

取り組み方手順

番号を書く

シールに番号など書き込みます。

全体でどれくらいの量になるか、一目でわかるように準備しましょう。

 

勉強しない予定を確認

シールを配分する前に、勉強時間が取れない日が分かっているならば、「予定」の欄に書きこんでおいても良いでしょう。

予定とずれちゃうと、子どものモチベーションが下がります(^^;

 

シールを貼っていく

1種類ごと、シールを振り分けていきます。

ポイントは、算数は必ず午前にしてください。

漢字は続けて2ページするのはしんどいので、午前に1ページ、午後に1ページと言う風に分けても良いでしょう。

また、ページ番号は前から順番です。

お子さんに任せると、やりやすい番号を探す傾向があります。

これも中学生でやってしまうと、学力が上がりません…。

「内容にこだわらず前から順に!」です。

もう既に終わっている分は、貼らなくてもOKです。

終了目標は、7月中ですが、学校によって漢字のページなどが多いところもあります。

恐らく、7月27日の授業で、既に終わっている人もいらっしゃるはずですが、スケジュール表は少しゆったりと貼っておいて、前倒しで進めていきましょう。

8月3日(火)の授業で、「みんな終わってすごーい!」が言えたら良いなと思います(^^

この週は「みんな夏休みの宿題頑張ったね!」の、ご褒美?ゲーム会です♪

スケジューリングのご褒美として、位置づけてます。

 

予備日について

低学年の場合、土日は詰め込まずに、遅れた分の調整に使ったり、前倒しでできるかも!と、頑張るために空けておいても良いと思います(^^

予定より早く終わったら、低学年ほど自信になりますよ♪

 

そのページが終わったら

白いシールでかぶせていきます。

最初は3色でカラフルですが、終わったら白くなっていくので、達成感!

付箋を使う学年は、遅れた分のリスケジュールをするのですが、低学年は付箋が行方不明になると思うので、リスケジュールはしません。

遅れても、前倒しでも、とにかく白くなるように頑張りましょう(*^▽^*)

 

大物付箋について

2年生さんは、だいたいどの学校も、以下の3つはあるようなので、3種類の付箋を用意しました。

これは、登校日までに終わるように、ご家庭で相談して貼ってみてください。

付箋なので、移動は簡単です。

文章については1日では終わらないと思うので、3枚分用意しています。

・「文」…感想文or作文

・「ポ」…ポスター

・「日」…絵日記

 

こんな感じでお分かりいただけたでしょうか?

まずはご家庭でやってみて、分からないことがあれば、いつでもお問い合わせください。

2年生は実質、今年が初めての学校の夏休み!

最初に「こういうもんだよ」を刷り込んで、年々楽になるようにしたいですね(^_-)-☆

コメント

タイトルとURLをコピーしました