夏休みらしく展覧会へ!ティラノサウルス展とミイラ展に行きました♪

オフ日記
この記事は約3分で読めます。

夏休みらしく、展覧会へ!

お友達に「ティラノサウルス展とミイラ展が良かったよ」と聞いて、行ってきました。

大阪の南港なので、次女さんは「県外はダメ!大阪はコロナが多いからダメ!」と渋って(^^;

そんなわけで、車で行って、展覧会場以外は寄り道しないで帰って来ました。

>>ティラノサウルス展の公式サイトはこちら

 

とにかくティラノ!

福井の恐竜博物館から来た展示や、アメリカで発掘された本物の化石なども。

大きいものが多くて、見ごたえ抜群!

大迫力でした!

次女さんも「レプリカじゃないん?本物?」と興味津々。

やっぱり本物かどうかって、大事(^^;

 

展示にも凝っていて、シルエットまでもがカッコイイ!

 

この絵もすごかったです。

きれいで、迫力があって、思わずお土産も買ってしまった…。

そんなに混んでなくて、ゆったり見られたのは良かったです。

 

そしてミイラ展。

>>ミイラ展の公式サイトはこちら

 

撮影禁止だったので、写真は何もないのですが、わが家的にはこっちの方が楽しかったかも?!

ミイラと言っても、南米、ヨーロッパ、オセアニア、日本や中国、そしてエジプト。

本物のミイラばかりを集めています。

この前のエジプト展は、中身の入ったミイラはいなかったんですよね~。

 

中でも興味深くて、今後も追ってみたいと思ったのが、ペルーのミイラ。

南米の文化も好きですが、チャチャポヤ文化は知らなかったので、新しいことを知れたのは嬉しいし、もっと見てみたいと思いました(^^

写真がないので、ネットの記事のリンクはっておきます。

ミイラの顔の刺繡がかわいいのです。

>>ペルーのコンドル湖のミイラ

 

そして、個人的にびっくりしたのが、エジプトのミイラの肖像画。

これも写真撮れなかったので、リンクはっておきます。

>>ミイラの肖像画

 

学生時代にエジプトの考古学博物館へ行ったのですが、たくさんのミイラが転がってたんです。

当時はゆるいというか、雑かったので、展示スペースどころじゃなく、その辺の端っこに山積みになってました(^^;

それらのミイラの顔の部分に、板があって、顔が描いてるんです。

それがエジプトのパピルスなんかの絵と全然違うので、後から足したものだと思っていました。

 

何か変な絵ー。

下手な顔描いてるなー。

アラブ人のすること、雑いなー。

と、現地の人が発掘後に手を加えたんだろうと思ってたんです。

だって、カンボジアのアンコールワットのレリーフも、後から変な花模様足して、台無しになってたのもあったので…。

それが、何と、単にそういう時代のものだった( ゚Д゚)

末期のミイラは、ローマの影響が入っていて、こんな絵柄だったんだと、今日初めて知りました。

展覧会、すげー。

これを機に、もうちょっとローマ時代も復習します。

 

と、一人で興奮状態(^^;

こんな感じで、ミイラ展もめっちゃ楽しみました。

お土産にミイラの人形を買うかと提案したのですが、次女さんに却下されました。

エジプト展は、また神戸などにも来るみたいなので、次回もぜひ行ってみたいです♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました