6年生クラスは3学期の範囲まで算数の単元終了!その秘密は?!

小学生クラスの日常
この記事は約2分で読めます。

明日の6年生クラスの準備をしていて…あれ?

もう明日で、6年生の算数が終わり?!

 

算数の得意な6年生クラス、10月の終わりで3学期の内容も全て終了!

 

まぁまだこれから、ざっと終わった6年生だけでなく、4年生くらいからの総復習に入っていく予定ですが、それにしても予想以上に早かった( ゚Д゚)

 

6年生クラスの進度が速い理由はただ一つ。

計算が得意だから!

 

算数って、新しい考え方を教わって、概念を理解して、最初はその通りにやってみて、その後で同じような問題を解いてみる。

ふむふむ、こういう風に考えるんだなと、練習をして身に着けていく。

シンプルに言うと、こんな流れなのです。

 

でも、計算が苦手だと、概念は理解できても計算ができない(ToT)

4年生クラスさんの面積の計算、ここで引っ掛かっちゃう!

5年生クラスさんの単位量当たり、式は立てられても計算で間違える人も!

 

計算がまず完璧にできないと、新しい単元を習っても、計算で間違えてしまって進みません。

なので、計算が苦手な人は、「この単元はとりあえず式を立てるまででOKだから、計算は100マスで頑張ろうね」と切り分けます。

計算は日々の100マスでしっかり練習!

それができれば、6年生クラスのようにめっちゃスピーディに単元学習も進みます(^^

 

そんな先輩を目指して、ぜひぜひ日々の100マス計算もがんばってくださいね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました