定期テストで古典の成績を上げる方法!この手順で勉強しましょう!

中学生の学習法
この記事は約3分で読めます。

今日は中学生さん、テスト前7時間半!

お疲れ様でした。

 

特に今回は、初めての古典ということで、古典のテスト勉強の仕方から一緒に練習です。

『竹取物語』も範囲に入っていますが、これ、3年生~6年生さんは冒頭の暗唱ができますね(^^

中1で出てくるので、かっこよく解いてくださいね~!

今回のテスト範囲の『矛盾』も、2年生はプリント配ってますよ♡

 

さて、古典で一番大事なこと。

 

「現代語訳を読む!」

 

古典だからって、古文だけでチャレンジしなくて良いんです(^^;

教科書には全訳が載っているので、必ず読んで、内容を理解しましょう。

意外と、というか、ほぼ毎年、現代語訳を読んでいない人が多くて、もちろん問題が解けません。

 

そして次にするのが、古文を読むこと。

必ず音読します。

テストで出るのは、「現代仮名遣いに直して書きなさい」の問題。

これは、古文を音読しておかないと、できません。

頭でルールを考えるよりも、音読を思い出しながら仮名遣いを直す方が、もちろん楽です。

今日も、めっちゃ間違える人が多かったです( ;∀;)

音読足りない!

 

古文と現代語訳を、句読点の句切りずつ、交互に読んで、単語を一致させるようにしてきましょう。

「いとうつくしゅう」が「たいそうかわいらしく」だと分かると、単語の意味も何となくわかりますよね?

これは、英語の音読で、「I play  私はひきます the piano  ピアノを everyday 毎日」なんて読むのと、同じようなものです。

読みながら、単語も覚えていきますよー。

 

ここからは、現代語訳を読むときのポイントを。

出される問題の傾向は決まっているので、以下の点に気を付けて読みます。

 

まず、主語が誰かをよく見ること。

古文では、主語が省略されていることが多いので、問題として「この動作の主語はだれか?」が出されやすいです。

現代語訳では、だいたい主語が補われているので、すぐに分かります。

現代語訳では、古文の省略されているところを、確認しながら読むのがポイントです。

 

次に、会話文。

よく、「」が消された問題が出されます。

どこまでがセリフか、「」が無くても自分でつけられるかな?と考えておきましょう。

終わりは、だいたい「と言ふ」なんて、「と」が入るので見つけやすいです。

 

と、ここまで最初に話してから、問題を解く練習を続けましたが、それでも見事に引っかかっていました(^^;

現代語訳の照らし合わせ音読は、全員やってもらいましたが、それでも場面状況を分かっていないこともあったので、国語のワークが終わったら、ひたすら声に出して読んでみてくださいね。

古典のテスト勉強はとにかく音読!

読んだ回数分、点数は増えると思ってくださいね!

うちの長女さんも、高校のテスト前日は、古文と漢文、ブツブツと音読してますよー。

コメント

タイトルとURLをコピーしました