幕末を楽しんで欲しい!と、『燃えよ剣』を子連れで見に行きましたが…

オフ日記
この記事は約2分で読めます。

前々から見に行こうと思っていた、映画へ子どもたちと。

司馬遼太郎の『燃えよ剣』!

 

結論から言うと、失敗でした(^^;

映画としては良かったかも知れませんが、わが家的には失敗…。

幕末の導入をと、下心があったのに、逆効果でした。

 

討幕派な私なので、新撰組ファンではないのですが、司馬遼太郎だし!幕末は大事だし!これ見ておけば良いだろう!と、子どもらを引き連れて行ってきました。

2時間半で、新撰組の立ち上がりから、函館五稜郭までは、さすがにツライ。

とにかく登場人物が順番に死んでいく(T_T)

私は死ぬ順番も死ぬ場所も知ってるから、そんなもんかと見れますが、初見でこれはちょっと…。

 

それぞれのキャラクター描写も少ない中で、名前が出てきては切られるシーンの連続だったので、子どもらには???だったと思います。

それなのに、なぜか3名の刀を選ぶエピソードだけは、妙に手間暇かけられていて、変なこだわりを感じました(苦笑)

後、山崎さんもなぜか大活躍で、次女さんはそこでしっかりウケてました。

 

幕末知ってると、いろんな作品も楽しめるだろうとの導入でしたが、初心者にはもうちょっと明るくて楽しい作品の方が良かったです(^^;

大河ドラマの新撰組は三谷幸喜さんの脚本で、初心者でも楽しいノリでしたよね。

 

私はと言うと、高校生くらいだったかな?

つかこうへいさんの原作で、牧瀬里穂さんが映画で出てた『幕末純情伝』が、好きでした。

沖田総司が女だった!という作品です。

これくらいのノリが良かったかもー。

よし、こんどはこれの映画探そうかな…。

 

後は、中学生くらいの頃にNHKでやっていたアニメで、小山ゆうさん原作の『竜馬が行く』。

これが私の土佐藩の基本ルートなんで、ついついこのアニメのイメージで以蔵さんや半平太さんって、言っちゃいます。

でも原作の漫画は、多分少しハードな描写も多かったはず…。

 

何にせよ、今回は本当に失敗( ;∀;)

流血物が怖くてたまらない長女が、「ママと映画なんか二度と行かん!」と激おこモードです…。

コメント

タイトルとURLをコピーしました