外国のお金に興味津々?!世界地理の足しにと、皆さんに見せてみました♪

学習環境
この記事は約2分で読めます。

中学生さんのテスト範囲が、地理でアジアやヨーロッパ、アフリカだったので、ふと外国のお金を見せようかな~と、土曜日の授業に持って行きました。

ついでに、午前中の授業で、6年生さんにも

 

6年生さんも中1さんも、予想以上に良い反応(^^

私も子どもの頃は、古銭や外国のお金って興味津々でしたが、お金って興味持ちやすいですよね。

 

分かりやすいのは、ピラミッドの絵があるエジプト。

コインにピラミッドがあるのは、カッコイイです。

カンボジアの紙幣はアンコールワットでした。

絵がわかりにくくても、英語で国名が入っているのは読めばわかるのですが、現地語しか書いてないのも多々。

タイとか韓国とか、明らかにその国だけの文字なら判別できますが、アラビア文字しかないと、どれがどこやら。

20年くらい放っていたので、どこの国のものか分からないのも多かったです(^^;

イスラエルは1枚がめっちゃ高価な紙幣で、物価も高くて、1枚しか持って帰れなかったので、よく覚えてましたが…。

 

写真の紙幣はベトナムで、コインはいろいろ。

 

もっと世界を近くに感じて欲しいな~、今やっている勉強は、世界とつながっているんだよーと、常々伝えていきたいなーと思っていたので、教室にも少しかざったりしようと思って整理し始めてみましたが…雑然とし過ぎていて、予想以上に道のりは遠い気配(^^;

お金なので、むき出しで置くのも良くないし、もうちょっと飾り方を考えます!

コメント

タイトルとURLをコピーしました