まちがえた問題はできるようにする!は勉強の基本です…が?!

教室の日々
この記事は約2分で読めます。

中学生になると、「まちがえた問題はできるまで繰り返す」は当たり前です。

だって、できない問題放っておいても、イイコトないですよね?

同じところが、次のテストで出たらイヤですよね?

 

だもんで、宿題は基本的に「間違えたところは翌日やり直し」というルールです。

2回目で正解は青○、3回目で正解は緑○、4回目だとオレンジ○です。

何が一番苦手なのか、一目でわかる仕組みです。

学校のテスト前なんかは、この青や緑、オレンジに再挑戦するのが、理想です。

 

ところが。

 

これ、例年やっていますが…。

 

青○になって、「できました」と宿題を出していても、確認テストをすると全くできないこと多々。

 

その理由は。

 

「やり直す」ことに対する、本人の意思です。

 

・この解き方知らなかった!次は絶対に解けるようにしよう!

・あ、この答えは「ア」やったんか、覚えとこ

 

この2つだけでも、結果が違ってくるの、予想できますよね(^^;

自分で「できるようになりたい」と思わない限り、やってもやっても成績が上がらない…のは、しょっちゅうです。

 

中学生さん、今、お直しを繰り返しても、全然できるようになってない無限ループを漂い中です。

(もちろん、しっかり進んでいる人もいますよ~)

 

何かおかしーなー?と提出課題をよく見たら、全然答えが違うのに、全部○になってるケースも…。

そりゃあできるようにならないよね(^^;

正しい丸付け、できるようになるのもとても大切です。

 

 

さて、そんな中学生さんも、小学生の頃からやり直す練習はしました。

その第一歩に、今日から5年生クラスが入ります。

お家でできるようにする練習、まだ簡単な内容なので頑張りましょう。

 

小学生さんは、問題を解いて答え合わせをしても、間違っていたら赤で書いて終わりがちです。

もちろん、それに何の意味もありません。

できるようにするための練習、始めますよ~!

コメント

タイトルとURLをコピーしました