英語教科化第一世代の落とし穴?!フレーズに慣れると文法でドツボに!

中学生クラスの日常
この記事は約2分で読めます。

昨日の中学生クラスで、ちょっと恐ろしいことに気づいてしまいました…。

英語をしていて、何か変だなーと、違和感があったんです。

ずっと。

 

一度できたことが、またできなくなることが多い?!

 

それが、be動詞と、一般動詞の使い分け!

 

何度やっても、混ぜて使うケースが無くならない!

 

と、本当に不思議なくらい毎週「またやってる?!」と、ツッコミまくっているので、昨日、聞いてみました。

「これ、areとhave、どっちが先に出てくるの?」

そしたら、何と予想外の答え。

 

「Youを見たら、areが自然と出てきて、そこからhaveがくっつく」

 

つまり、areがyouの付属物として捉えられてる?!

言われたら、あ!と気づくそうです。

これを全く同じことしていた人にも聞いてみました。

「○ちゃんはこう言う風に間違えたんだけど、どう?」って尋ねたら、同じかもーって返事Σ( ̄□ ̄|||)

確かに君は、「(I’m) (study) (math).」って、このカッコの数なのに、わざわざ短縮形で書き込んでたね。

Iと、I’mが同じだと思っている様子で…。

 

こんな風にまちがえるケース、今まではありませんでした。

単純に使い方のまちがいだけでした。

今年は何で急にこんな???と思ったのですが、もしかして、英語教科化第一世代だから?

 

今の中1さんは、小学校で英語が教科になった第一世代です。

英語の学習量が増えました。

小学校でもちゃんと英語をたくさん読みます。

 

You are a student.

You are kind.

 

ちゃーんと、繰り返し読んでたので…、全部セットで覚えてしまってて、使い分けしてないのでは?!

英文を読むのではなく、フレーズとして覚えているので、youと聞くとare、なのかも知れません。

 

実は他にも、フレーズの弊害を感じる場面はあります。

I have a pen.

フレーズで読むと、「アイハヴァペン」です。

だから、haveをハヴァと読む人も。

pencilをかっこよくペンソーと読むので、綴りを「penso」と書いていたケースも…。

 

フレーズを覚えるのは良いけど、小学校でも、もうちょっと単語の概念も持たせてほしい( ;∀;)

単語の区切りで区別して読めていないので、文法をやってもやっても、こぼれ落ちていく様子です。

 

んー、英語教科化時代になって、新しい問題点が出てきたかも?!

たまたまこの2名だけなのかも知れませんが、今まで無かったケースなので、心配です。

フレーズももちろん大事ですが、あまりにフレーズ頼りだと、文法をやってもやっても入っていかないので、注意が必要ですよ~。

コメント

タイトルとURLをコピーしました