次女さんの興味は占いへ?このお休みは占いの本を2冊も買っていました

オフ日記
この記事は約2分で読めます。

このお盆休みに次女さんが買った本は、占いの本2冊!

前々から、名前占いとか興味持ってるなーと思っていたのですが、「1冊買ってあげる」の言葉に、厳選を重ねて決めたのが、占いの本。

そして、今日も別の本屋さんに行ったとき「これ、前から欲しかった本!」と言って買ったのも、占いの本でした。

特に先に買った本には、タロットカードがついていて、タロットカードのカッコ良さ?に夢中。

朝から一生懸命に使い方を読んで、お姉ちゃんを占ってあげていました。

そして今日買った本は、「ルーン文字」なる言葉が出てきて「ルーンって何?」と、またマニアックな方向へ…。

タロットはいろんな物語やマンガのモチーフでよく使われるので、教養として良いんじゃない?とパパ殿も張り切って、次女さんの相手をしてくれてます(笑)

 

今日は幼稚園の頃のお友達とニッケで会ったのですが、多分たいくつだろうと占いの本を持って行っていたら、2人で占いに夢中。

血液型や星座だけでなく、あの誕生日を1桁になるまで足す…占い?なども、載っていたのでしていました。

12月28日なら、1+2+2+8=13で、今度は1+3=4になって、あなたの数字は4ね!ってやつです。

これ、昭和の時代からありましたよね?

お友だちママと懐かしがってました(^^

会うだけなので、ちょっと退屈かなと思っていましたが、ちょうど良い遊び道具でした♡

 

そして、本日一番のびっくり。

家に帰った次女さん、録画したテレビ番組を探しているかと思ったら。

タロット占いの番組を見てるー!

自分で新聞のテレビ欄を見て、タロット占いの番組を録画して、見ておりました(^^;

こんなに興味あったなんてビックリ。

 

私自身があまりと言うか、全くと言うか、占いに興味がないタイプ。

今まで、「えー?そんな本買うの?」と言いたいのをぐっとこらえていたのですが、ここまで興味があるなら言わなくてよかったです。

次女さんにはあまり読み聞かせをしなかったせいか?、物語よりこういう実用書を買いたがるので、うーーーん、と思っていたけれど、興味あるのなら仕方あるまい。

読み聞かせまくった長女は、物語本がすごく好きにはなったものの、実用書系はサッパリなのが高校生になってイタイ。

どっちに転んでも、親はない物でねだり、欲が深いです(*_*;

 

次女さんの趣味、どこまで突き進むのか、面白いから見守ってみます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました