経験があると得意になる、国語の授業を増やしたい~と考え中!

教室の日々
この記事は約2分で読めます。

明日の中学生国語授業の準備中(^^

 

小学生クラスは、先取り英語がガツンと入るため、なかなか国語の授業ができません。

先取り英語をそれほど入れていなかった時代は、国語にもかなり時間を使っていたので、ちょっと悔しいところです…。

それでも割と計算力が高い、3年生、5年生、6年生クラスは算数の進みが速いので、3年生はほぼ毎週、5・6年生はときどき英語とバランスを見て入れています。

2年生、4年生はまだ計算がゆっくりなので、算数で時間がかかりがちで、国語の問題演習には入れていません。

 

でも、中学生になって国語で苦労しているのを見ると、なるべく小学生の間に解きなれて欲しいなぁと思います。

また、模試をやってみて、みんな国語に慣れていないのが伝わってきました。

限られた時間だけど、もっと問題を解く経験積んで、慣れていきたいな~とモヤモヤ中(*_*;

 

国語は、解き方を知っていること、問題を読むことに慣れていることが大前提。

でも、学校じゃ教えてもらえません。

何で教えてもらえないのか不思議なくらい、教わることが無いのに、解き方にはルールがあるんです。

知っていればできることはいっぱあるので、最初は国語が苦手でも、やり方を整理して、やるようになると、ぐぐっと成績を伸ばす人はたくさん見てきました。

 

まだ中1さんは、小学校の授業のような解き方をしちゃって、うまく解けない人も多いです。

学校の授業は、「自分の思ったこと」を発表しますが、テストって違うんですよね。

どんな解答も、問題文を上手に使うのがポイントです。

その、使い方、解答の見つけ方を、授業で説明して、練習してもらっています。

 

土曜日の国語授業は中学生対象にしていて、特に今は中3の方の受験に役立つように、いろんなジャンルに入っています。

でも、国語をちょっとがんばってみようかなと思う、5・6年生さんは、いつでもお声かけください。

国語は伸ばしやすい科目だと思っているので、ぜひチャレンジして欲しいです(^_-)-☆

コメント

タイトルとURLをコピーしました