子どもが歴史好きになるには?

オフ日記
この記事は約2分で読めます。

オフの延長で週末のことを(^^

ちょっと前から、映画を子ども達と見ていますが、週末は私が見てみたかった映画をAmazonプライムで見ました。

『本能寺ホテル』です。

ちょうど、Amazonプライムのオススメに出てたのと、歴史のタイムスリップものが好きで、公開時にちょっと気になっていたので、この機に!

子ども達は興味ないかと思っていましたが、次女まで乗り気でした。

 

数々のタイムスリップ物やパロディ作品を見てきたので、映画自体は、ふむふむ、なるほどね!と思っただけですが、子ども達の反応は面白かったです(^^

長女は、社会の教科は好きなのですが、あまり歴史萌え要素が無くて、映画村に行っても、刀やグッズにときめかず、親としてちょっとがっりしていました。

 

でも、次女さんが映画を見ながら、「刀が欲しい~」と憧れていて、なるほど!と。

長女はこうやって、時代劇に触れてないので、憧れる期間が無かったのです。

次女は、ちっちゃい状態で見ているので、何となくカッコイイと憧れる。

ふむふむ、家族で楽しむ時間が必要なのね。

 

そして、見終わってから、今の本能寺はどうなってるの?や、刀はどこで売ってるの?な話題になって、もうちょっと出歩けるようになったら、映画村行こうね~となったのでした。

日本のお城巡りとか、次女は絶対に無理…と思いこんでたけど、どうもこの感触だと、ぼちぼちできるのかも?!

まずは姫路城から、行ってみたいです♪

 

というわけで、待っていても、子どもは勝手に好きになってくれないので、関われるような環境を作るのがポイントなんだと、今更ながら思いました(^^;

家族で楽しく環境づくりして、一緒に楽しみたいと思います☆彡

コメント

タイトルとURLをコピーしました