第1回国語授業が終わりました!論説文の解き方と国文法に挑戦です♪

教室の日々
この記事は約3分で読めます。

今年度から新たな企画!

国語授業始まりました(^^

対象は主に中学生ですが、高学年からの無学年方式。

少人数で対応します。

何年か前は5年生~中2くらいまで、同じ内容で「天声人語まとめ」などをしていましたが、国語に関しては学年はあまり関係ないかな、と思っています。

申し込みの方の学年などを見て、今回は内容を決めました。

 

今回は中3生さん2名、中1名さん2名だったので、何年か前によく取り組んでいた、論理エンジンの問題をチョイス。

大手塾さんでもよく採用されているものです。

今まで何冊か授業でもやってきましたが、国語苦手さんでも受け入れやすいタイプの教材でした。

でも、入学したての中1さん、まだ中学国語の問題に出会っていないので、ちょっと難しかったですね(^^;

最初は空欄が多かったのですが、私から1つずつ、解答の見つけ方のお話をすると、正解を言う前に上手に見つけることができていました。

授業を聞いているだけでなく、ちゃんと考えていてエライ!

接続詞を上手にチェックすると、論説文は読みやすいです。

接続詞についての解説もだいぶ入れていきました。

 

現代文をいくつか解こうと思って用意していましたが、初回なのでじっくり解説してたら、多分疲れた様子なので、文法へ。

 

用意しているのは、6年生用の教材ですが、中学受験対応なのもあって、中1レベルの文法は普通に出てきています。

動詞や形容詞の活用にも触れていて、中1さんたちは必死に考えていました。

これは中3さん、さすがにさらっと解いていましたが、油断すると間違えていたので、基礎レベルからしっかり確認!です。

文法は学校の授業ではあまり出てこないものの、テスト範囲にはすごくよく出てきます。

割と「自分でやってね」なスタイルなので、昨年度までは定期テストで落とす人があまりに多すぎました(T_T)

理解しちゃえば得点源になるのと、中学で国文法やらずに、高校で古文法はできないので、大学入試を見据えると、中学の内でしっかり身に着けて欲しい内容です。

後はやはり、英文法の助けにもなりますね。

 

今回は「天声人語まとめ」などはできませんでしたが、こちらもしっかり入れていきたいです。

こちらは、自分で分をまとめるので、記述問題が書けるようになります。

国語の記述だけでなく、理科や社会の記述問題にも効果がありました。

理科でも「天声人語まとめみたいに、主語と述語を先に決めるよ」というような、声かけをすることが多かったです。

 

今年度は天声人語のために、2万円分の投資をしました(;・∀・)

好きだからって、やり過ぎた感満載…。

ここ数年、国語の授業をあまりできなかったので、嬉しさで感覚がおかしくなってるようです…。

 

国語は全ての勉強の基本です。

文章を正しく読み取る、正しく書く。

国語が得意な人は、他の教科でも後伸びしやすいですが、国語が苦手だと、英語や数学も頭打ちしやすいです。

(英語は過去や未来、受動態など細かいニュアンスを、日本語で表すのが苦手な人も多いです)

どの教科にも、国語はとても大切です。

また、国語は普段使っている日本語が元なので、やり方さえ正しく練習すれば、伸びやすい教科です。

今の中3生さんたちも、テスト前の年5回の授業で、だいぶ国語が取れるようになってきましたもんね♪

 

しばらくは月に2回程度の単発申込なので、この機会にぜひぜひチャレンジしてみてくださいね(^^

コメント

タイトルとURLをコピーしました