子どもだけで夕食の日、自動で動くようにシステム設計しています?!

ママの独り言
この記事は約3分で読めます。

ブログを書こうと写真を見たら、菜箸の種類が違ってました(^^;

私は菜箸は使えたらOKなので、セットは全然気にしていません。

が、写真に撮ると恥ずかしいですね(/ω\)

 

さて、何の写真かと言うと、今晩のご飯の用意!

火曜日は授業が19時半までなので、帰宅が20時近くになります。

そして火曜日はパパ殿もいないので、長女がいれば、子どもたちでご飯を食べることになっています。

その時、何を、何を使って、どこに入れるが決まっていたらスムーズです。

まず、お汁の片手鍋にお玉を1つ入れています。

そしてフライパンにもセット。

更に、ニンジンの炒め物も、わざわざお箸をセットしました。

何を使うかが一目でわからないと、たまーに変な道具で、あまりすくえないまま入れていることがあります(^^;

後、苦手なものだと、わざとらしくちょっとしか入れてなかったり(笑)

 

お皿も、何を使うか分かるように並べています。

これも、自分で選ばせると、「何でそのお皿?!」のような場面に出会います(^^;

そういうのも経験ですが、作り手として、「これに入れるようなメニュー」と想定しているので、帰ったときに「何でそんなのに入れてるの!?」と怒らないように、先手を打っています

 

子どもたちに、こういう風に動いて欲しいなーと考える場合、迷う余地が無いよう、道具をセットするのは、他のことでも同じです(^^

 

例えば、給食のお箸箱袋は、キッチンの横の壁のフックにかけます。

体操服をかけるフックは、玄関の近くです。

最初は、部屋の奥でしたが、どうも玄関付近に散らかすので、フックをそちらに合わせました。

 

家庭学習でも同じです。

宿題などをする場所は、毎回同じ場所になるように設定します。

塾のカバンや、お家でするドリルは、その付近にセットになっています。

鉛筆削りは、勉強机ではなく、ダイニングの脇に置いてあります。

筆記用具は、塾用、学校用、ダイニング用と、それぞれの場所に用意しています。

 

決まった手順が無いと、大人でも子供でも、うろうろと迷う時間って結構とるんですよね(^^;

鉛筆~と探している間に、他のことに気をとられたり。

よくあるのが、宿題をする時間よりも、探したり準備する時間の方が長かった!というケース(苦笑)

しかも、本人は頑張った気分になって、疲れてたり(^^;

 

もちろん、何も用意されていないところから、全部自分でできるのは理想ですが、まずは順を追って練習!

「何でそんなことしちゃうの?!」

「何で○○やってないの!」

「何度言ったらわかるの!」

なんて、声を出しちゃうときは、勝手に動く仕組みを作る方向で動いてみてくださいね(^^

子どもが自動で動くシステム設計が、大人の役割です♪

 

当たり前と言えば当たり前なので、「そんなんもうやっとる~!」なご家庭も多いかも?!

コメント

タイトルとURLをコピーしました