中学生さんの基礎英語がグダグダモードになってきて…

中学生の学習法
この記事は約2分で読めます。

5年生以上が取り組んでいる、NHKラジオ講座の基礎英語。

中学生さんの取り組み率が、急降下しています(*_*)

ほとんどの方が、半分も聞いていない状態でした。

なかなか聞けず、聞いても流しているだけのようで、テキスト真っ白。

真っ白じゃなくなったと思ったら、全然テキスト読んでないので、変な答えがギッシリ(;・∀・)

むむむ、横のページを見ながら並べ替えたり、埋めるだけなのに…。

分からないわけではなくて、読んでいない、やっていない、見てもいない、という様子です。

仮に聞けなくても、テキストを読んで、練習問題をやることは可能なはずです。

原因は恐らく単純なこと。

英語を勉強したくない!

んでしょうね(^^;

英語は言語なので、毎日触れていたら、それだけ分は絶対にプラスになります。

逆に言うと、まとめてやろうとしてもできません。

15分だけ、読む、聞く、真似する、それを積めるかどうか。

自分では、メリットやデメリットを感じていないかもしれませんが、実際は、取り組み方で英語の習得に差はついています。

これは、小学生さんの間でも、聞く回数が少ない方は、難しさを感じ始めている様子なので、少し気になっています。

今までの卒業生さんも、聞かない人ほど、英単語が覚えられない、読み方が分からない、など、お困りごとは多くありました。

不思議なくらい、コツコツ聞いたかどうかが、結果とリンクしています。

学校の定期テストのリスニング問題も、当たり前ですが、聞いてる人ほどいい結果です。

また、予想以上に発音が上手になりました。

…我が家でも長女に「ラジオの時間!」と促す日々でしたが、いつの間にか「ママは発音下手やなぁ」と言うくらい、私よりきれいになりました(^^;

皆さんの様子を見ていても、特別発音練習をしていなくても、ある程度まではできるようになります。

入試でも、リスニング練習を特別しなくても、済む程度には得意になりますよー!

高校生になると、皆さんが思っている以上に、英語の重要度が高くなります。

もう少し、英語を習慣化できると、未来は大きく変わります。

1日15分。

せめてそれを週に2回だけ、24時間×7日間の内の30分だけでも、集中して聞いている!という日を、作って欲しいと思っています(^^

教室でも水曜日は聞くようにしていましたが、結局他の曜日ができていません。

ちょっとやり方を変えて、小学生のように一週間のふりかえりを入れていこうかと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました