2年生、すでに学校の宿題が大変!毎日の親子バトルは疲れたよ…と思うお母さんに!

小学生の学習法
この記事は約9分で読めます。

次女さんの習い事待ちの間に、またまたお友達ママからのお悩み相談がありました。

「何度言っても、宿題を始めない!」

「宿題が始まっても、時間がかかりすぎる!」

どーすれば良いの?

という、世の中のお母さんたちが、共感するお悩み(^^;

 

家庭学習のしくみづくりは、低学年の内が基本です。

そのしくみで育つということは、中学生、高校生になっても本人の意識は変わりません。

だから、ぜひ、「中学生でこういう勉強のやり方をしてほしい」と、思うような思考回路を作っていきましょう。

 

だって、トイレを想像してみてください。

「トイレではお尻をトイレットペーパーで拭きましょう」で育ってて、中学生から「水でお尻を洗うのよ。左手を使ってね」って、インド方式になっても困りますよね。

ま、それはそれで、インドに住むなら慣れるかも知れませんが、同じ家に住んでて、いきなりトイレがインド方式になったら、受け入れられません。

家庭学習も、そんなもんです(*^▽^*)

 

まず、一番大切なものは、親の意識です。

「勉強は人生に必要なもの」

この意識を、必ず持っていて欲しいです。

好きとか、嫌いとかじゃないんです。

必要だからやるんです。

自分が、勉強が好きだった嫌いだった、嫌な思い出がある、いろいろ思いはあるかも知れませんが、感情はおいておきましょう。

「やらない」という選択肢を、子どもが選ぶ気持ちになっているならば、そこから整えていきましょう。

 

低学年が勉強をイヤがるのは、慣れていないから

そして、子どもは基本的に、「できること」が好きです。

勉強も「できる」ようになったら好きになります。

でも、まだ習ったばかりで、うまくできないから「やりたくない」んです。

才能とか、賢さではありません。

低学年の家庭学習で大切なのは、『慣れ』です。

なわとびや、折り紙など、幼稚園時代の遊びと変わりません。

慣れるまでの時間や回数は個人差がありますが、でも、低学年の内容は誰でも絶対にできます

そこを大人が、回数を見守り、正しくやれるようサポートすることで、「できるから好き」に持って行くのが、小学生時代の親の役目です。

 

その過程を経て、中学生くらいになったときに、「苦手なところを頑張る」ようになります。

苦手と向き合うのは、中学2年生以降かなーという体感です。

でも、小学生時代に、この「やって慣れる」段階を踏まないでいると、中学生以降も「できないからやりたくない」路線で、無気力人間になりやすいので、ご注意ください(^^;

(そこから、自分でもできる、ゲームやスマホ依存へつながりやすいです)

 

宿題の着手のタイミング

必ず時間帯は決めましょう。

子どもに選択権はありません(^^

「いつするの?」じゃなくて、「時間だよ」です。

それでも最初は、机の上を片付けてあげたり、筆箱を出してあげたり、今からやるぞ~をお手伝いしましょう。

我が家では「ママが特別に鉛筆を削っといてあげよう!」を、よくやってます(笑)

 

低学年は集中力が10分弱しかもたないので、1つ終わったらオヤツでもOKです。

我が家では、オヤツ1個→漢字ノート→オヤツ1個→計算ドリル、というように、間に休憩を挟んでいます。

全部一気になるのは気が重いので、「これくらいの量ならできる」を、演出します。

 

鉛筆削りと、消しゴムかけは、できれば手伝ってあげると、学習内容に身が入ります。

習い事などで曜日ごとにタイミングは違うと思うので、曜日ごとに親もそのつもりで、夕方の時間配分を考えておきましょう。

できれば、漢字と計算は、まちがえていないか、チェックしてあげてくださいね。

何が苦手なのか、親も理解できますよ(^^

 

知っておいて欲しいのですが、低学年は「写すのが苦手」です。

これがイヤで、「宿題が嫌い」「勉強が嫌い」な小学生は、めっちゃ多いはず!

ほんと、何十年と続くこの学校の宿題が、勉強嫌いを大量に生んでるのでは…と推測します。

 

漢字ドリルを見ながら写すこと、計算ドリルの問題をノートに写すこと、すっごいストレスを感じていることを、理解してあげてください。

何だったら、大人が声に出して読んであげても良いくらいです。

この、「写す」って行為は、宿題の中でレベルアップして欲しいスキルとは違うんですよねー。

漢字を覚えて欲しいのに、写すのがストレスで覚えられない。

計算の練習をして欲しいのに、写すのがストレスで計算まちがえる。

本末転倒です。

もう少し大きくなると、正しく写すことも必要ですが、今求められている内容ではないと、切り離して考えてもらって大丈夫です。

 

低学年では、まだ目の運動機能が発達していないことも多いので、視線を動かす作業が大変です。

中学年になっても苦手な場合、識字障害などの可能性も考慮することになりますが、たいていは徐々に上手になっていきます。

トレーニング方法もあるので、気になる方は、お声かけください。

 

宿題にめっちゃ時間がかかる理由

低学年はまだ、時間感覚が育っていません。

「10分がんばろう」

という声かけも、理解していないことがほとんどです。

子どもにとって、宿題を始めちゃったら、永遠に続くような恐怖も感じているはず。

だから宿題を初めても、ちょっと書いたら休憩、ちょっと解いたらおしゃべり、などなど、逃げる道を探り続けます(笑)

 

まず、宿題にどれくらい時間が掛かっているか、キッチンタイマーなどで測ってみましょう。

そして、テレビの時間や、遊んでる時間、お風呂の時間など、いろいろ測ってみてください。

時間感覚を育てることが、ポイントです。

日常の中で、どれくらいの時間を使っているか、数字で見せてあげて、他の時間とのバランスを考えていきましょう。

我が家でも「10分だけ遊ぶ!」と、タイマーかけて遊んだり、いろんな作業の10分を試しています。

そしたら、10分が予想と違う長さで、びっくりしている様子もありますよ~。

 

終わるまでの時間を、体感できるようになって初めて、「早くしちゃおう!」という感情が生まれます。

自分でどれに何分くらいかかるか分かるようになると、「すぐできるから集中してやっちゃう!」にたどり着きます。

時間の感覚を知らないから、早く終わらせる気持ちにならないだけ。

時計は読めても、10分、30分の長さが想像できていません。

そのことを、大人は理解して、時間感覚を育ててあげてくださいね(^^

 

意外と知らない、宿題のやり方

学校って、時間がけっこう余ります。

ていねいにていねいに、ゆっくり授業が進みます。

だから、「集中して取り組む」「時間を気にして勉強する」経験が、高学年でもありません。

で、中学生になって量が増えると、一気に勉強ができなくなります( ;∀;)

 

宿題を、ゆっくりやっているのは、ぐっと集中して勉強する経験が無いから。

これも、お家の人に知っておいて欲しいです。

その対策としては、お手本を見せること。

 

例えば、漢字ならノートをコピーして、同じ宿題の内容に、一緒に取り組みます。

黙々と取り組む様子を見せて、「こういう風にやって欲しい」を見せるのです。

「ちゃんとしなさい!」は、何をすればいいのか分かりません。

「こうやるんやで」で、姿を見せて、まねをさせるのです。

何をやれば、ほめてもらえるかを、分かるように見せてあげてくださいね。

 

100マス計算でも、お家で一人でやっているだけでは、本人がいくら本気でも、かなりゆっくりペース、集中は入りきっていません。

でも、教室でみんなが集中していると、そういうものなのか!と、急に速くなります。

特に、途中入塾の方は、最初はすごく驚くのですが、お手本を見ることで、ぐっと集中できるようになります。

学校の宿題は、ぜひお家の人がお手本になってあげてください(^^

 

そして、ゴールの無い作業はNGです。

漢字練習では、単に「漢字を書く」だけだと覚えません。

覚えないから、見ないと書けなくて、余計に時間がかかるのです。

書きながら、部首に注目したり、カタカナの部品を探してみたり、「この字が書けること」が目標なんだと、声かけしましょう。

お子さんは、漢字ノートの漢字、見ないでも書いていますか?

一生懸命ドリルを見て写してませんか?

漢字は覚えていないと、時間がかかります。

覚えていなくて時間がかかるなら、覚えられるようにお手伝いしていきましょう。

(その内容はここでは省略)

 

我が家でもやっている声かけの例

いろんなお母さんに話しているのですが、「できたとき」にも声をかけてあげてくださいね(^^

できたときの良いイメージを、すりすりと刷り込みます。

「今日はすぐに終わったから、めっちゃ楽やなぁ」

「頑張ろうっていう気持ちがかっこよかったよ」

「集中できたね!気持ちいいでしょ?」

「〇〇ちゃんは、さすがやなぁ。賢いなぁ。」

 

気が進まないときは、自信を持たせる声掛けを。

「大丈夫、賢い〇〇ちゃんなら、すぐできると思うよ」

ここで、敢えて「賢い」を入れてます(笑)

そっかー、私賢いんやーと、気分良くスタートして、できたら、やっぱり賢かった!と勝手に思って、自信をつけてくれる我が家のシステムです。

終わったら、「ほら、できたやん!さすが!」「できると思とったわ~」「ほんま賢いなぁ!」

とほめほめ。

 

もし、うまくいかなかったら、「明日は頑張ってごらん、できると思うよ」「ママも協力するね」と、とにかく「できるからやってみよう」が多いかな?

書いていて気付きました(^^;

我が家の前提は、「できる」があって、「絶対にできるから、やってみよう」という声かけですね。

これは高校生の長女にも言っています。

 

…まぁ、人生何ごとも、スタートするのに腰が重くて、やり始めるとスムーズなんですよね。

ちょっと手間な掃除とか、疲れた時の夕食作りとか…。

 

まとめ

めっちゃ長くなってしまいましたが、まずはお家の人が、低学年さんの特性を知りましょう。

大人が思っているほど、しっかりしていません。

知らないことだらけ、できないことだらけ年齢です。

 

子どもは逃げます。

とことん逃げます。

隙あらば、ちょっとでも勉強を減らそうと画策します。

やりたくないから言い訳だらけだし、口から適当なことは言うし、全然本気で取り組まないし、ノートはぐちゃぐちゃだし、集中力無いし、すぐに癇癪起こしてキレるし、泣きわめく…。

それが普通です(笑)

 

だから、いちいち相手にしなくて、ハイハイと流して、親はガチっとシステムを構築していきましょう。

言い訳や逃げているのを叱っていると、叱られた気持ちだけが残ってしまいます。

そこは、叱るんじゃなくて、気持ちを受け止めた後で流していけるよう、親がコントロールするのです。

「そうだね~宿題しんどいね~。じゃ、頑張ろっか!」みたいな(*’ω’*)

 

 

思い描いてみましょう。

中学生、高校生になって、どういう風に勉強と向き合うようになって欲しいですか?

今の姿が、未来を作っていきます。

そう思って、大人もちょっと向き合い方を気にしてもらえたら、大人も現状を受け入れて頑張りやすく、ハッピーになりますよ(^^

まだまだ続く小学校生活。

大人も子どもも、みんなが、小学校生活をストレスなく過ごせますように!

コメント

タイトルとURLをコピーしました