ハロウィンだから魔法使いになってみた?!昨日の放映見たかな?本を読んだ人いない?知らない人も?!

教室の日々
この記事は約2分で読めます。

ハロウィン週なので、今週はコスプレを変えて魔法使いに(^^

みなさん、何のコスプレかすぐにわかってくれる人が多かったです。

ちょうどテレビで放映したのもあって、「ハリーポッター!」って!

これ、USJの公式なんで、結構お高いですことよ!

ところが、意外と本を読んでいる人はゼロ!

テレビとかDVDで映画を見た人はちらほら。

USJに行っていても、ハリポタエリアは行ったことが無い人がほとんど!

まーじーでーすーかー?!

小学校の図書室の、あそこの棚に全部そろっとるやーん!と、小学校の図書ボランティアで書架の配置はだいたい把握している私の方が、知ってる始末…。

「ハリポタはね、東大生が小学生のときに読んだ本で、いつもナンバーワンになるんだよ」

と、プッシュしておきました。

外国の話って、カタカナの名前や地名なので、結構頭を使います。

想像力を働かせて、場面を想像しないと、面白くないと思うので、読み始めるまでのハードルは高いかも?!

わが家では、長女が高学年の頃のTV放映だったかのタイミングで、スタートしたような気がします。

それ以前のブームの時は、社畜としてわき目もふらずに働いていたので、ブーム乗り遅れ…。

でも、映像から入った長女は、トロルのシーンがすごく怖かったようで、映像は見ない!と小説に。

中学生の頃はUSJの年間パスを買った頃があったので、全部小説をそろえたのですが、途中で人がバタバタ死んでいくのが怖くて、そこで読むのをやめた…と、昨日聞きました( ゚Д゚)

うそーん!

ま、実は私もパパも、「面白いかも知れないけど、最近のストーリーだね」って感想です(^^;

大人になって読んでるせいか、ハリーが…もうちょっとしっかりしとったら…と思えて仕方なくて(苦笑)

あんまり苦難に耐えてないあたりが、21世紀の主人公。

20世紀の、昭和の主人公は苦難に耐えていたはず…。

次女さんは、特に怖がらず、何かよくわからないなりに、普通に2回分見ております。

別にリアルタイムで見る必要ないのですが、こういう機会でも無いと一緒には見ないので、しばらくは次女さんと楽しみむことになりそうです。

で、その後ろで「怖いやつやんー」と長女がチラ見してくる(笑)

そんなハリポタ話をしつつ、今日もお菓子のすくいどり!

やっぱり高学年ほど、大量にお菓子を持っていきまするー。

コメント

タイトルとURLをコピーしました