中高生の親必見?!毒親にならないために、読んでおくと良いかも!な1冊

オススメの本
この記事は約3分で読めます。

小学館から、中高生向けの新しいシリーズが出ました(^^

 

「10年後、世界を変える君たちへ」

中学生・高校生がよりたくましく、より幸せに生きるための新シリーズ

 

『小学館YouthBooks』という新書シリーズです。

 

小学館 YouthBooks(ユースブックス)。中学生・高校生がよりたくましく、より幸せに生きるための新シリーズ。中学生・高校生の「どうしたらいいの?」という迷いや疑問に、樺沢紫苑、鴻上尚史、和田秀樹、鎌田實ほか、ベストセラー作家がやさしく応えます。
帯のイラストと動画は、漫画家・アニメーション作家、藍にいな氏が担当。

イラストの雰囲気が『夜に駆ける』のMVと似てるな~と思っていたら、その方でした(^^;

4冊刊行され、どれも思春期の迷いや悩みに寄り添うような、テーマで書かれています。

「極アウトプット」

「親の期待に応えなくていい」

「みんなに好かれなくていい」

「相手の身になる練習」

 

どのテーマも良さそうだったので、何か読んだら~?と、長女に好きなのを選んでもらいました。

書店でパラパラめくって決めたのが、『親の期待に応えなくていい』。

長女曰く、「ママはどうせ期待してへんねやろ~」とのことですが(^^;

長女は、「期待される」ことを良い意味で捉えた様子??

 

実際は、親の同調圧力を気にしないように、というような内容です。

「あなたの好きにしなさい」と言って、言葉に出さなくても、表情や態度で、暗に希望を示して、従うようにする親も多くいます。

子育てしていると、こういうことは、しょっちゅうあるんじゃないでしょうか?

 

例えば、「好きなお菓子選んで良いよ」と言っても、つい「え?」と嫌な顔をしたり、「こっちにしたら?」と言ってしまったり。

子どもが選んだ物に対して、「似たようなのあるんじゃない?」「お母さんはこっちの方が好き」など、後出しの意見、入れてませんか?

そういうことが、お子さんの生きづらさにつながっていくのかなーと思いました。

この本は、どちらかと言うと、保護者の方が読んだ方が、親子関係が良好になりそうです。

 

中学生のご家庭や、ちょっと親子のコミュニケーションが難しくなってきたと感じるご家庭は、お家に置いて、お子さんに実際に読んでもらうのも良いかも?

わが家はまたまた、トイレ文庫に設置で、長女もパパも一緒に読んでます。

 

そして、まだ先だけど勉強しときたい!という小学生のお家の方も、ぜひ手に取ってみてください(^^

こじれる前に、ちょっと目線を変えていきましょう。

 

「親の言うことを聞かなくて良い」

懇談などでよくお話していますが、「全然言うことを聞かなくて…」というご家庭は多いです。

そして、歴代、言うことを聞かないお子さんの方が、しっかりしています(^^;

特に女の子(笑)

 

悩めるお子さん、悩めるお母さんに、届けばいいなーと思っています。

このシリーズ、どれもすごく良いので、ぜひ本屋さんで見てみてくださいね(^_-)-☆

コメント

タイトルとURLをコピーしました