宿題応援!ポスター講座1日目終了しました♪

アート活動
この記事は約3分で読めます。

ポスター講座1日目、今日は女子5人が参加です(^^

ポスター講座では、基本的に、実物の写真を見ながら描くように指導しています。

頭の中のイメージで描くのは幼稚園児まで。

本物を見て絵にすることで、より迫力のある、本物っぽい絵になります。

 

どういう形にできてるかな?

どことどこがつながっているかな?

この角度から見ると、どういう形に見える?

 

葉っぱの付き方や、雲の様子など、写真を見るとリアルに描けるので、現実味のある絵になります。

というわけで、お家で写真を用意してもらって、それらを見ながら頑張りました。

写真を見ながら描く経験が初めてな人は、下書きにちょっと時間がかかってしまいましたね(^^;

 

自転車の細かいところまで、下書きをがんばりました!

「こうやって描くの初めて」

と言っていたのに、とてもバランスよく描けています♪

 

細かい色塗りはにじみが大変なので、クレパスも併用です。

せっかくの絵がにじんでしまうの、悲しいですもんね。

4年生くらいまでは、文字入れもクレパスで負担が少ないようにしています。

 

中学生さんはポスターカラーを使ってていねいに。

1日では仕上がらないので、また土曜日の講座でも続きを描きます。

 

2年生のKちゃん。

地球と虹のイメージをしっかり持っていたので、てきぱきと進めていました(^^

最後はちょっとお疲れモードだったので、背景は一気に緑のイメージで仕上げました。

 

4年生のWちゃん。

苦手だ苦手だと心配そうだったので、自然の風景は楽に仕上がる技法で。

細かいところは描き込まずに、色を置いていくイメージで仕上げました。

小学生さんは絵具を均一にぬりがちですが、まだらに塗ることで水面らしさを出しています。

塗るときの筆の向きに気を付けるだけで、いい雰囲気♪

風景を簡単に済ませた分、文字は印刷風にがんばりました(^^

 

4年生Kちゃん。

あまり得意じゃない!と言い切っていたのに、良い仕上り!

コンパスや定規を使って、自転車をていねいに描いたのが生きています(^^

写実っぽい仕上りで、とっても大人っぽくなりました。

黒い自転車が目立つようにした背景も、均一に塗ると大変なので、あえてまだらに。

自分でも満足のいく仕上りで嬉しいですね。

 

4年生Hちゃん。

色をたくさん使うので、少しにじんでしまって大変でした。

途中からクレパスでの縁取りを入れて、落ち着いてきたかな?

信号が赤信号だと分かるように、わざと緑は塗らないようにしました。

標語にぴったりの図案ですね(^^

 

今日は絵具が足りない人や、名前ペンのインクが出ない人もいらっしゃったので、明日以降の方は、もう一度チェックお願いしまーす!

コメント

タイトルとURLをコピーしました