オンラインだからこその、つながりを作る

オンライン授業
この記事は約3分で読めます。

オンライン授業になって1か月。

物理的な距離がある分、みなさんとのつながりをしっかり保つために、オンラインになってからのイベントを心がけています(^^

 

まずはZOOM自習室。

そして、学校が無い今、できるだけ外とつながる手段として、いろんなイベントも導入し始めました。

あまりに自由過ぎると、もったいない時間の過ごし方もしちゃいますが、「任務」があると動きやすいですよね☆彡

 

一番熱いのが、都道府県アプリ。

これが全部終わる頃には、休校も解消されているかな?と期待しつつ、時間がある今だからこそ、チャレンジです。

結果発表を動画にしたのは、文面でお母さんだけでなく、みんなに直接伝えたいなと思ったからです(^^

かなーりハズカシイのですが、もう開き直りました!

みんなが少しでも、つながりを感じて、学習時間を日常に組み込むことを当たり前に思ってくれたらと、恥を捨てました(笑)

 

そしてZOOM自習室でのかぶりもの。

「参加したら面白い」と思ってくれたら良いなーと、思いついて週替わりでやっています。

これも…はい、恥は捨てました。

段々と関西のオバチャン化…。

 

地図アプリも慣れてきたので、先生からの挑戦状、文章題の穴うめクイズが登場!

ご家族で楽しんでくださっている方も多いようです(^^

これ、実は高学年や中学生は、読解の練習として、評論文などでチャレンジしたいと、前々から温めていました。

でも、いきなりは難しいので、導入として楽しく家族でチャレンジできる内容にしています。

休校だからこそ、ゆっくりと導入できるのは嬉しい!

 

今週から、朝のZOOMでは、先生からのクイズを出すようにしています。

前々から気になっていた本を、とうとう買いました。

クイズ形式になっているので、みんなが知ってそうなネタから選んでます♪

反応も良くて嬉しい!

 

宿題チェックのインタビューも、みなさんからお話を引き出すために、3つの質問を用意しています。

お手伝いの報告って、誇らしいですよね(^^

「絶対に褒めてもらえることを、自分で先生に報告する」というシチュエーションに、したいと思って取り入れました。

会話をするのが、楽しみになってくれたらと、思っています。

 

本の紹介は、難しいはず。

自分が読んだお話を、自分の言葉で伝わるように、まとめなければなりません。

国語での要約は、みーんな苦手です(^^;

その導入として、お話してもらったり、質問に答えてもらったりしています。

また、今まであまり読書をしなかった人も、「先生に報告するために」だと、頑張れるかなと思ってます。

まぁ、私が本の話題ならいくらでも続く、というのも大きいです。

 

こんな感じに、ちょっとずつ、毎週毎週改良を重ねて、今の形ができてきました。

最初よりも、どんどん楽しく、充実してきたと思います。

学校が始まったとき、「オンラインも結構楽しかったな」と思ってもらえたら嬉しいです。

これも、一緒にチャレンジしてくれた皆さんや、ご家庭のご協力のたまもの。

他の塾のお話を見聞きしていると、全員が一斉にオンラインに切り替えられたってケースはほとんど無い様子です。

いつも、本当に有難うございます(*^▽^*)

コメント

タイトルとURLをコピーしました