こわ~い漢字の成り立ち

オンライン授業
この記事は約1分で読めます。

オンラインになって、漢字学習は「成り立ち」のお話を、多く入れるようにしています。

今までも、形を間違えやすいところを注意したり、ときどき説明していました。

でも、オンラインの場合、みなさんの側にいないので、より一層注意を引く必要があります。

 

ためしに「成り立ち」を図で示して見せるようにしてみたところ、皆さんが面白そうに見てくれています。

そして、図で見せた字は正しく書いていて、図がない字を間違えているケースも目に付きました。

しばらくやってみて、「成り立ち」を図や絵で見た方が、覚えやすい様子だったので、2年生だけでなく、4年生も全部説明してみたのですが…。

今日は、ちょっと時間がかかりすぎてしまいました(^^;

4年生以上は20文字あるので、1つ1分でも20分かかっちゃいます。

 

ということで、ちょっとは省いて1学年10分程度になるよう、工夫していきます。

漢字の成り立ちを知ることで、興味を持って、覚えやすくなったらラッキー!

今日は、「帽子を取って耳を切る」とか「目に針を刺す」なんて、成り立ちの漢字も出て来て、ちょっと怖~~~い!授業でした。

でも、そんな話の方が、いつもより授業に集中してるかも?!

コメント

タイトルとURLをコピーしました