迷路脱出のカギは解答の解説?!解説をていねいに読みこんで、ぐぐっと伸びよう!

中学生クラスの日常
この記事は約3分で読めます。

昨日の中学生さんのテスト前勉強。

ちょっとレベルアップの手法をお伝えしました(^^

 

解いているワークの正答率が上がって来ている人は。

解答の解説で、「なるほど」と思う、知らなかった部分に線を引きましょう

その場合、赤ペンよりも、黄色の蛍光ペンが望ましいです。(理由は後述)

特に、国語の記述問題では、解答を作る手順が分かるので、必ずチェックして欲しいです。

いつも、記述問題の解答の作り方をお伝えしていますが、国語の問題集の解説を隅々まで読むと、身につけることができます。

 

英語でも、知らなかったイディオムや言い回しなどが、解説に書いてあることが多いです。

更に、英作文などの考え方や、注意点などもたくさん書いています。

そういう時は蛍光ペン。

二度と見なくても、線を引くことで、知らなかったポイントを意識して欲しいと思います。

 

更にレベルが上がると、テスト前などに、蛍光ペンのところだけ目を通します。

そこで、「ふむふむ、もう覚えたぞ」ならOK!

「あ!忘れてた!」の場合は、黄色の蛍光ペンの上から、ピンクの蛍光ペンでなぞりましょう

つまり、2回目がピンクなので、1回目は黄色が理想です。

そうすると、見るポイントが更に絞り込まれます。

 

これ、受験前・テスト前に「覚えてないことリスト」にすると便利なんです(^^

レポート用紙などに、ピンクラインのところを書きだします。

箇条書きでOKで、覚えたはしから捨てていくので、読めれば大丈夫。

必要な情報が紙でまとまっているので、トイレや洗面所、お風呂などで覚えていました。

私は重箱の隅まで、徹底的に覚えていないと気が済まなかったので、こういうリストをいろんな科目で作っていました。

副教科も、こんな感じで対応しました。

やり方はシンプルなので、何にでも応用できます(^^

 

解答の解説は、情報の宝庫です。

「解き方」や「考え方」まで詳しく書いてあるので、そこを読んでマネできれば必ず解けるようになります

私が国文法を得意になったきっかけは、解説を見て品詞の区別の仕方を、1つずつ確認したことでした。

というわけで、文法ワークを取り組んでいた人には、「何でこの解答になるの?」「どこで区別すればよかったの?」と、解説と照らし合わせて、しつこく聞いています(^^

間違えた答えでも、自分が判断した基準があって、その判断のどこが間違えていて、どう判断すれべ良かったのか。

ここを1つずつ明確にすれば、必ずできますよ♡

ただ、中学生がそれを自分でするには、早く終わらせたい気持ちよりも、正解したい気持ちが勝らないと難しいので、私が横からつついています。

めんどくせ~~~~と思われているでしょうが、そーいうもんなんだを、体で覚えてもらっています。

 

浜中さんは、試験範囲だけども、文法のワークが提出じゃないそうで、文法はやりたがらないかな?と思っていました。

でも、そんな条件(間違えたらツッコミが長い、提出物じゃないからやらない選択肢もあり)でも、自分から文法を選んで、教室でひたすら進める人もいて、密かに感動しました(^^

理屈がわかることが、楽しくなってきたかな?と思っています。

 

問題を解くだけではなく、解説を読み込むことで、すごーく勉強に深みがでます。

同じ問題集を解いても、伸び方が違う人は、解答の使い方に違いがあります

ちょっとレベルアップの解答の使い方、ぜひ取り入れて下さい。

最初は言われたままにしていても、続けていると、段々自分なりに役立てられるようになりますよ♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました