今の大学生さんって良いな~と思った本!そして「決断」する練習が大切だと思うこと。

オススメの本
この記事は約4分で読めます。

この前、TUTAYAで買った本。

『伝説の東大講義』の内容をまとめた本です。

最初に知ったのは、この2020年の6月30日に、ネットで「この日が来た」と話題になっていたから。

瀧本哲史さんは、前年に病気で既に亡くなっていたのですが、多くの人がネット上で偲んでいるのを見て、気になっていました。

で、その内容が本になってたんだ!と購入(^^

 

8年前の講演で、その時の20代に向けて、これから何を学び、どう生きるべきかを問いかける内容です。

「君たちは、自分の力で、世の中を変えていけ!僕は日本の未来に期待している。支援は惜しまない」

8年、みんなそれぞれ頑張ってみようじゃないか。

その上で、またここに集まって、答え合わせをしようじゃないか。

という、すごく熱い内容で、私も学生時代に受けてみたかったなーと思いました。

「現代の吉田松陰であり、彼のゼミは松下村塾」という言葉で、その熱さをイメージしてみてくださいね。

 

今の学生さんって本当にうらやましい!

どんな先生がどういう授業をしていて、どんなことを語っているか、簡単に手に入りますもん。

やろうと思えば、ちょっと調べて、いろんな先生に直接アプローチすることもできるし、とことん勉強できるんですよね。

今は大学の先生たちが自由にネットでも発言していて、それらに触れる機会が多いです。

興味のある分野なら、誰でもSNSなどで質問したり、コミュニケーションをとることができるし、本当にすごい時代になったと思います。

しかも、そういう先生方は、熱心な学生には優しいですしね。

って、よく夫婦で話しますが、長女にはピンとこないようです(^^;

 

で、この先生の著書に興味を持ったので、早速1冊はネットで注文し、図書館でも借りてみました。

代表作の『武器としての決断思考』!

 

決断って、私はすごく大切に思っています。

子どもたちと勉強する中でも、「決めるの大切さ」はいつもいつも語っています。

 

「決める」こと、そして「実行すること」は、とても大切で難しいのですが、なかなかそのことに気づかずに、子どもたち自身の「決める練習」がおろそかにされがちです。

大人が何でも決めてしまいがちですし、子どもたちも、自分で決めるという発想を、なかなか持ちません。

 

本書は、著者がいま、京都大学で二十歳前後の学生に教えている「意志決定の授業」を一冊に凝縮したものです。

今後、カオスの時代を生きていく若い世代にいちばん必要なのは、意思決定の方法を学ぶことであり、決断力を身につけることです。

もう過去のやり方は通用しないし、人生のレールみたいなものもなくなってしまいました。

「答え」は誰も教えてはくれません。

となれば、自分の人生は、自分で考えて、自分で決めていくしかないのです。

仕事をどうするか、家庭をどうするか、人生をどうするか?

この本で私と一緒に「自分で答えを出すための思考法」を学んでいきましょう。

きっと、あなたの人生を変える授業になるはずです。

 

引用が長くなってしまいましたが、人生を自分で決めることって難しいですよね?

世の中の多くの人が、自分で決められないがために、周りの人の意見に振り回されて、余計しんどいことも増えているように感じます。

 

ちょっと話はそれますが、これは、北海道の中学校の先生の本。

子どもたちにカメラを与えて、たくさんの学校の写真を撮ってもらい、その中から1枚だけ選んで、みんなで写真集を作ります。

でも、その1枚以外の全部のデータを消すんです。

最後の最後まで迷った写真も、バックアップを取らずに、消すんです。

この先生の講演を何年か前に聞いたのですが、「子どもが自分で決めて選ぶ」練習のために、敢えて、データを消すように決めたとお話されていました。

人生での意思決定にバックアップが無いように、自分で何かを捨てて、何かを選ぶ。

当たり前だけど、いっぱい考えるし、後悔もするし、でも、それが人生なんだと、語られていました。

そのお話を聞いてから、私も中学生さんたちには、「自分で決めること」のお話はよくしています。

 

人生は小さな決断の連続。

滝本先生の本は読みやすかったので、中学生さんへの記念プレゼントの本にしたいくらいでしたが…あまり本を読まない方も多い学年だったので、今回は選びませんでした。

でも良かったら、読書好きな中学生さん、高校生さんにも読んでもらいたいです(*^▽^*)

コメント

タイトルとURLをコピーしました