学校の課題はとっとと進める!中学生さんの付箋スケジューリングの様子♪

学習法
この記事は約2分で読めます。

夏休みのスケジューリング!

中学生さんは土曜日に、一足早くスタートしました(^^

↑の方と、↓の方は、学校でだいぶ進めているとかで、もう残りページが少ない!

見出しの上に、各教科の残り見開き数を書いています。

数学4枚、英語6枚など、必要な付箋が少ないのは、残りページが少ないということ。

ワークを学校に置いて来てしまった教科は、残りページが不明なので作っていません。

 

早く終われる人は、やり直しまでもスケジューリング!

間違えたところは、青○チャレンジと呼んでいて、消して再チャレンジです♪

そのスケジューリングもしますよ~(*^▽^*)

学校の課題は、とにかくどんどん進めて行って、一度終えてから、間違えたところのやり直しなど「自分の勉強」に取り組みましょう。

 

付箋には、ちまちまと教科とページ番号を書いています。

あれ?ひょっとして、一番下の人は付箋が多いのは、単元の番号ではなくページ番号で書いちゃったかな?!

できれば、見開き単位で集中して進めて欲しいので、見開きの数で管理していきましょう!

下の方のバラバラになっているものは、まだこれからスケジューリングするための準備です。

上の方のきれいに並んでいるのが、既にスケジューリングされたもの。

…でも、どうせはがすものだから、こんなにきれいにしなくていいよー!と声かけしています(^^;

小学生さんも、こんな感じに進めていきます♪

7月中にワークや、漢字、計算類は終わらせられるよう、みんなで用意していきましょう!

自由研究や、中学生さんなら家庭科の課題など、お家の方の都合も考慮しないといけないものも出て決ます。

そういうものも、先に親子で日程を決めておくと、「買い忘れた!」などならないので、ストレスフリーです♡

ぜひぜひ、親子でもご確認ください(^^

コメント

タイトルとURLをコピーしました