ポスター講座は写真や資料にと準備が大変?!リアルに描いて良いものを仕上げましょう♪

アート活動
この記事は約2分で読めます。

来週はポスター講座!

ということで、図案についての、やり取りが続いています(^^

 

以前、何度かチャレンジされている方はご存知なのですが、ポスター講座には参考資料が必要です。

こんな絵にしたい!というデザインは自分の中から生み出しますが、例えば、交通安全の車の絵。

記憶だけで、車の形を描くのは難しいです。

信号機の色の順番、きまりがあるって知ってますか?

運転する人のシートベルト、どっちむきから伸びているかな?

自転車のペダルって、どことつながってるの?

 

もちろん、何も見ないで下書きはささっと描けるでしょう。

でも、それに実際描き込んでいく場合、線をどこにつなげればいいか、迷います。

本物を見た方がラクチンです。

昔、川とごみの絵を描こうとして、ゴミだから見ないで描ける!と思った男の子が描いたのは、結局灰色の塊ばかりで、ただの石になってました。

ゴミって何でもいい分、難しいと実感したできごとです。

 

また、何となくで描いていると、幼稚園や保育園のお絵描きと変わりません(^^;

小学生らしく、少し描き込んで、リアルにしていくには、実物の写真が必要です。

写真を見ながらきれいに形をとって、それっぽく見える絵を、練習していきましょう!

せっかく描きに来ていただいているのに、幼稚園児のお絵描きにはさせませんよ~~~!

資料が足りなくて、「どーやってかけば良いんー?」と、検索に忙しかった年もあるので、ご用意はできるだけご家庭でお願いします。

 

どうもポスター描くのも好きなようで、イメージ写真を送っていただいただけで、画材や技法のイメージが。

「ここはあれを使って描いてもらいたいな」

「ここにはアレを持って行こう」

「あの技法を使うと映えるかも」

と、ワクワクしてきます♪

水しぶきの部分は、スパッタリングしようかな~~~~。

水しぶき描く人は、古歯ブラシ持ってきてもらおうかな~~~~。

 

文字入れのレタリングも、まず体験してみましょう!

油絵具も好きですが、水彩の透明感も大好きなんですよね~。

やっぱり描くからには、良いポスター描いて欲しいので、私も準備がんばります~(*’ω’*)

コメント

タイトルとURLをコピーしました