第2週目はお盆休み!課題は減らしていますが、コツコツ型のものはおサボリせずに続けましょう!

小学生クラスの日常
この記事は約5分で読めます。

8月です!

来週はお盆休みになるので、2週分のイエガクをモリモリと準備中。

と言っても、皆さんもきっとご家族で過ごされると思うので、いつもの課題は減らしています。

 

100マス計算

これはいつも通り、1日3分ほどなので、4日×2週分の8枚出しています。

これ、ちゃんとやっておかないと、かなりタイムが遅くなります。

夏休みに入って、ちょっとさぼって白紙続きな5年生さん。

みるみるタイムが遅くなって大変なことになっています(+_+)

他の学年も気持ちがゆるんだのか、お家での練習もかなりゆっくりで、計測タイムが遅くなっていってます~~~。

 

漢字練習ノート

1日2文字を4日分のみ、お盆の週はお休みです。

2年生さんも、今回は縦長の練習ノートです。

これはなぞって練習するタイプのものなので、授業で練習していなくても進められます。

取り組み方や、グランプリのルールは説明しましたが、多分わかってない方も多そうなので、表紙の裏に貼っているルールなど、ご家庭でもご確認ください。

グランプリに関しては、親が関わればポイントアップになりますが、「自分で」をルールにしています。

大人がお手伝いするのは、やり方チェックと、忘れチェックだけでお願いします(^^

毎年するノートなので、来年には今年の記録をメモして貼ったり、年々の成長を楽しんでいます♪

 

横長のドリルは、お直しがたくさんついているので、このお休みの間にぜひ直しておいてくださいね。

他の学年も、お直しの提出が遅れている人は、必ずお盆休み明けに

 

英語発表会音読練習

4年生以上は、これが2週分あります。

8月は音読強化月間!

これも積み重ねなので、まとめてやってもあまり効果が出ません(^^;

1日ちょっと、何度も繰り返しましょう。

 

4年生さんは、まず英語を聞いて真似する練習を体験。

素直に元気よくまねしてくれるのが、4年生さんのイイトコロ!

めっちゃ期待してます!

初めてなので、まだ慣れないのは重々承知ですが、英語の先取りができるのは残り半年ほど。

5年生で英語をやるのは当たり前。

なので、このタイミングでブーストかけて欲しいです(^^

 

5年生さんは、普段のラジオ英語の声出しの成果を!

簡単なフレーズは、もうさっと言えますよね(^^

先週、音読してもらったら、普段のラジオの声出しが、ウソかホントかばればれでした。

おかしいな~?みんな「声出し」に○が入っているのに、レベル差が大きいぞ?!

 

6年生さんは、中1の教科書!

意味も一緒に、理解しながら音読していきましょう。

何度も聞いて声に出して、教科書くらい丸暗記!を目指していきますよー(^^

 

英語を声に出して読むのは、英語学習の基本です。

中学生になって、定期テストの勉強でも、教科書を音読することで得点が10点以上上がる効果があります。

高校生長女も、効果は実感しているので高2でもテスト前はずっと音読していますよ♪

良い習慣を作っていきましょう!

 

 

天才脳ドリル

こちらは自由課題。

2年生~5年生クラスで『天才ドリル』と呼んでいる、算数パズル的なドリルです。

クリア枚数でシールのくじ引きが引けます♪

基本的に、待ち時間用に用意しているので、遅れて来がちだったり、準備に時間が掛かったり、授業の問題でつまりがちな方は、あまり進んでいません。

進めたい方は、けっこう早めに来て頑張っています。

何度か持ち帰ってもらっていますが、苦手な人はお家でも難しいので、少し見ていただけたらと思います。

その時は、なるげく「考え方」を伝えて、「答え」だけを教えるのは、避けていただければ助かります。

同じパターンの問題が、レベルアップして繰り返し出てくるので、次がもっと難しくなります。

以前も「お姉ちゃんに教えてもらって正解した」ものの、次のレベルでお手上げになっていました(^^;

 

2年生さんは、やる前から「わからへん」と言う方が多いです。

でも「間違っても良いから、こうかな?ってやってごらん。先生は、間違えたところからアドバイスはできるけど、何もやってないと、アドバイスできないよ」とお話しています。

たくさん間違えて、試行錯誤する経験値もためて欲しいので、全部正解だけでは終わらせませんよー(笑)

パズルで間違いもたくさん経験して、算数で間違えても、何度も頑張れるメンタルを育てたいです。

 

こういうのに慣れている方は、算数の単元が進んだときに、センス良く取り組める傾向があります。

1を聞いて5くらい理解したり、1つの例をうまく使って、応用問題も解ける人、というイメージで、算数のセンスを育てるのに適しているドリルです。

読んで見て考える系の問題に、なかなか取り組めない人は、算数でお手上げになる傾向が強いです。

なるべくたくさん触れて、解いて、考えて、いざ算数!のときに、頭を柔らかく使えるようになれるように!狙ってます(^_-)-☆

 

 

英単語天下一武道会

今回から3年生以上必須です。

授業でテストになります。

3年生、4年生は日本語を書くこと。

5年生以上は、英単語まで書くこと。

2年生は希望者のみ、ご家庭でのチャレンジになります。

今回の内容は第2回と同じものにしているので、経験者のみんなは余裕なはず?!

 

5年生と6年生の授業ではお話しましたが、「英語」って通知表に載ってますよね。

だから教科書に出てきた言葉は、覚えていないとダメなんです。

英単語は、漢字と同じだと思ってください。

まだ小学生さんも、ご家庭でも、英語が教科になっていることを、実感されていないような感触です(^^;

5年生以上は英単語を書くことまで「普通」なので、「先取り」だと思わないでくださいね。

英単語が書けないとマズイ、です。

小学校では「見て書く」までしかしないのですが、中学校では「見ないで書ける」レベルに想定された教科書になっています(^^;

ということで、中学校の教科書で困らないレベルを想定して取り組みましょう。

 

4年生、3年生が読めて意味が分かる程度で、「やや先取り」です。

3年生も2学期後半からアルファベット学習を始めるので、今回から天下一武道会を必須にしました。

 

 

と、こんな感じにご用意しています。

計算と英語音読だけ、コツコツと取り組んで欲しい内容で、後は旅行やレジャーなどご予定に応じてずらしてもらっても大丈夫です。

とは言え、何だかデルタ株がエライことになってます…。

お互い感染対策には気を付けて、いいお盆休みを過ごしたいですね(^^

コメント

タイトルとURLをコピーしました