連日の理科の音読提出!中間テストに向けて、教科書をしっかり読んでいきましょう!

中学生クラスの日常
dav
この記事は約2分で読めます。

中学生さんが中間テスト前なので、お家学習に新しい試みを。

英語の音読をお家でして、LINEで送ってもらっていたのですが、英語の本文は何と、今回、4ページほどしかないので、英語はもうお休み。

(こんなテスト範囲あり?!かつてないんですけど!!!!)

 

その代わりに、理科の教科書を音読してもらうことにしました!

 

と言うのも、数学と英語、国語は教室でそこそこ演習しますが、社会と理科は基本的に学校のワークです。

定期テストはまず、教科書を読んで、学校ワークを解いて、学校ワークを解き直して、いつでも何でも解けるレベルにしておけば、100点を取ることは難しくありません。

そのため、理科と社会はコピーを2部取って、必ず3回解くようにしています。

私からはお尻をぺんぺんしていますが、その3回を、うまく使えるかは本人次第です(^^;

まだまだ「できるように」解くのは難しいのですが、まずは3回解かないと話が始まりません。

 

で、その社会と理科の内、理科の方が点数を取りにくい人が多い様子なので、今回、教科書を確実に読んでもらうことにしました。

音読を録音して、連日提出です!

「教科書を読んでね」「ここを読んでから解こう」と声をかけていますが、黙読だと苦手な人ほどかなり怪しい…。

 

1回が5分以上かかるので、読むのも大変ですが、聞くのも大変です~(^^;

お互いに大変ですが、やって損はないので、一緒に頑張りましょう!

今日の内容は密度や質量のところで、「小学三年生で習いましたね」という文章があったので、3年生の次女さんが、めっちゃ反応していました。

まだ今の3年生は出てきてないかな?

そして3人目を聞いていたら、「あれ?これ全部、同じところを読んどるん?」と気づいたようです。

 

ところどころ、読み間違いや、読めていないところも多いので、そういうところはコメントしています。

「薬包紙」は、読めていない人、自信なさそうに読んでいる人も多かったです。

実験の手順とか、めっちゃ重要なので、しっかり読んでワークをすらすらといていきましょうね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました