漢字練習ノートの提出シーズンです!イライラしてもぐっと耐えて頑張ろう!

小学生クラスの日常
この記事は約2分で読めます。

3年生さん提出の漢字練習ノート、お家学習中に「いぃぃぃぃーーーー!!!!!」となったであろう、跡が…。

他にもいじいじと消して穴をあけたり、指で真っ黒にしてみたり、消しゴムかけ過ぎて破れたり。

これ、4年生くらいまで、よく見かける現象です。

 

漢字練習って、根気も必要ですよね。

ちょうど懇談で、『ガマン』の話が出ました。

2年生くらいまでは、なるべく嫌なことをさせるよりも、得意なこと、好きなことを優先させて、楽しさをいっぱい感じるのが重要でした。

でも、3年生くらいからは、イヤなことでもぐっと耐えて、頑張るという経験が必要です。

100マス計算なんかは、フルに頭を使う時間なので、フルに使っても耐えられるようにの練習です。

2年生は1分もかからない程度からの練習ですが、3年生は3分弱くらいは頑張ります!

そして漢字練習だって、ぐっと耐える!

漢字くらいで耐えられないと、何もできませんよー。

というか、それ以上のことが苦痛だらけになっちゃうので、さっさと集中して済ませる練習をして、漢字が苦痛なんて時期を、さっさと卒業しちゃうのが一番の楽ちんです。

 

中学生さんにもよく言っていますが、「できるようになった方が楽」なんです(^^

 

さて、しばらく漢字練習ノート提出期間が続きます。

まずは6年生。

安定のSくん、そして今年ことはと続くKちゃん、2人がノーミス街道を走っています。

 

そして今週提出は3年生!

まだまだ幼い男の子達、お直しがだ~~~~!!!!!!っと続いてます(^^;

その反面、これ!

なぞりの文字と寸分違わない、Rちゃんの字!

恐らく全学年合わせても一番きれい!

私よりきれい!

3年生でも(と言うか、2年生のときからこんな感じ)、ここまでできますよー(^^

自分も!と、ぜひ頑張って欲しいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました