最近読んでるマンガは、数学者の卵の小学生

オススメの本
この記事は約1分で読めます。

最近我が家ではやっているマンガ『はじめアルゴリズム』。

週末など本屋さんへ行くたびに、ちょこちょこ買い集めています。

Amazonでよく参考書など買っていたら、数学つながりか、こちらのマンガがオススメで表示されていて、内容が面白そうだったので買ったのがきっかけです。

 

連載はモーニングだったかな?

大人向けの雑誌なので、漢字にルビがなく、次女さんも読もうとしていましたが、断念…。

意外と、長女が気に入っていて、続きを読みたがっていました。

内容は数学の話ばかりですが、登場人物、主人公のはじめ君は数学の天才だけど、魅力的な田舎の小学生で、応援したくなるのが読みやすいのかな?

 

これを読んで、数学の見方が確かにちょっと変わりました(^^

今まで、数学者さんたちの見つけた定理や法則などを使うだけの立場でしたが、これを読んだら、それらを使わないで数字に向かい合うことが、ぐっとイメージできて。

読むのなら、小学校高学年や中学生くらいからスタートだと、中学校からの数学のとらえかたが変わりそうです。

とはいえ、小学生の日常をほのぼのと描いていて、娯楽マンガとしても楽しめます♡

のんびりとした日常の雰囲気なので、バトルなど大好きな、子供受けは悪いかもしれませんが(笑)

日常のおともに良かったら(^_-)-☆

コメント

タイトルとURLをコピーしました