切り紙宿題はいろんなトラップが…

小学生クラスの日常
この記事は約2分で読めます。

小学生さんの折り紙宿題。

少し前から、切り紙も混ぜています。

これ、いろんなトラップが(^^;

 

いつものプリントを直接切り取ってね~!と、授業では説明しているのですが…。

何度言っても、折り紙に写していたり。

(わざわざ可愛く、違う紙に写してくれてる人は例外です)

更には全然折って切ってなくて、1部分だけなことも(笑)

もう、全然話聞いてない~!全然説明読んでない~!

来週こそはちゃんと作って~!

と、毎回大笑いです。

 

たった1枚のプリントが、何回かやっても正しくならない。

普段の学校生活も、

どんだけ聞いてないねん~!

どんだけ見てないねん~!

ちゃんと読め~~~!

ってことが、きっと多いはず。

 

同じ学校に行っていて、勉強ができる人と、できない人の差は、授業を聞いているかどうかで出てきます。

できる人は、聞いているからできるんです。

できない人、苦手だなって人は、その瞬間を聞いていないケースが多いです。

低学年の頃は、聞いていなくても、センスだけで何とかなっちゃう賢い人も要注意!

聞かなくてもできちゃってたので、高学年までに聞く習慣がついていないと、ちょっと大変なことが増えてきます。

というわけで、ご家庭でも、「学校の授業を聞いている」ことの、価値を高めていってくださいね~(^^

学校の宿題をやっているときなど、「これ、先生はどういう風に説明したの?」と、先生の言葉をたずねると、さりげなく確認しやすいです♡

 

話がそれましたが、この切り紙、折り紙以上に手先の不器用さが出ています。

元々、折り紙の宿題は、不器用なため、算数の道具をうまく使えないケースから、取り入れ始めました。

(後は、説明を読む、試行錯誤する、立体を見る力、なども目的です。)

線の通りに切ろうと思っても、カーブができなかったり、止めたいところで止められない人もいます。

折り紙も切り紙も、不器用だから仕方がないではなく、しっかりと算数道具が使えるよう、指先の感覚も育てていきましょう。

意識することで、少しずつ器用になっていきますよ~!

実際、折り紙が苦手な人は、算数を解いてもプリントの中が暴れん坊。

図がきれいに描けなかったり、高学年での小数や分数などでは、自分で読めなくて困る人も多いです。

 

ハサミは、紙を持つ手の使い方がポイントなので、お家で苦戦しているようなら、声をかけてあげてください(^^

ハサミの手は動かさず、紙の手を動かしますよ~。

指先のコントロールを、マスターしていきましょう♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました