2年生クラスはスタートから1か月、こんな1時間を過ごしていますのご報告♪

2年生クラスの日常
この記事は約7分で読めます。

4月からスタートした小学2年生クラス。

定員の8名のご入塾となったので、募集は締め切ります

3年生までは8名のつもりですが、1年これでやってみて、次年度になる頃の様子を見て、追加募集が可能かどうか判断します。

女子ばかりという、過去にないクラスなので、良い方に転ぶか、裏目に出るか楽しみなような、コワイような?!

 

さて、そんな2年生クラス。

体験会では、とても真面目に黙々と解いて…女子クラスならでは…と感心していましたが…。

うん、2年生に男子も女子も関係なかった(笑)

現在はとても元気のいい声がたくさん上がっています(^^

写真は、皆さんが作ってきてくれた折り紙を飾っているスペース。

下は、予定表の記録を、クリップで挟んで掲示しています。

ちゃんと4日間に分けて頑張ってるかな?!

 

上級生のお兄さん、お姉さんお折り紙はこちら。

 

入室後準備

体験会では、通常授業の内容をしてもらいましたが、今はまだ計算と漢字のみを、徹底して取り組んでいます。

というのも、まだ準備に時間がかかり中で。

入室後は5時までに、手洗いをして、宿題を出して、タイムやポイントのシールを貼って、ファイルに先週のプリントを入れて…と、作業があります。

慣れてしまえばすぐにできるのですが、「次何するん?」「これどうやればいいん?」と、1つずつ質問も上がるので、まだしばらくは練習です。

用意が終わった人は、算数パズルのドリル!

これは6枚合格すると、ビンゴくじ引きでシールをもらえます(^^

今日は早速3名の方がもらっていて、他の皆さんもヤル気満々になっていました。

 

カードのシール

カード2枚は、シールを貼り始めています。

計算のタイムは、20問で何秒か記録シール。

上に上に重ねて、分厚くしていきます。

まだ指で数えている方もいらっしゃいますが、20問で20秒切れるくらいになると安心です(^^

4月は、自分で計測してもらったので、もしかしたらフライングしていたり、途中でタイマーを止めて、理想のタイムを書いている人も、いるかも知れません。

(明らかに、何問か進めてからタイマーをスタートさせる人も・笑)

5月からは、一斉計測にしていくので、なかなかタイムが伸びないかも知れませんが、まずはお家での練習を頑張って欲しいと思います。

たし算かひき算、どちらかでも早くなっていたら、おかしのくじ引きができます(^^

 

ポイントカードの方は、緑シールが「宿題出せたよ」です。

4月は忘れ物があっても、「頑張って来たね」と配布しています。

5月からは、宿題の忘れ(漢字、計算、折り紙)があると、緑シールは無しです。

黄色のシールは、教室での計算が、全部正解だったらもらえます。

実は全部正解という人は、半数くらいで、いつも間違える方もいます。

100マス計算は、答えを覚えるくらい練習するので、間違えて覚えている人もいるようです。

黄色いシールが無ければ、宿題の答え合わせを見ていただく方が良いかも知れません

ひき算での間違いが多いです。

 

100マス計算

100マス計算のくりあがり・くりさがり無し20マス、だいぶ慣れてきました。

体験会の半分以下にまで縮んだ人も多いです。

何人かは、20秒くらいまで近づきました。

5月はまだ、くりあがり・くりさがり無しで、徹底的に練習していきます。

タイムと正答率が安定してきたら、10マス計算に入っていきます。

 

算数では時計の単元

昨日も少し練習しました。

復習を兼ねて、「○時○分」の針を、針なしの時計の絵に描いてもらいました。

この時、「○分」の長い針から書き始める方が、分かりやすいです。

そして「○時」のときは、短い針を間に入れることを、先にお話しました。

それだけで、だいぶ上手になったので、ご家庭で取り組むときも、参考にしてみてください(^^

 

次に、時計の針を読んで、「何時間何分進んだか?」を考えました。

これも手順を決めています。

まず、1つずつ時計の絵の下に、何時何分かを書きます

その時、「7じはん」はNGで、「7じ30ふん」と書いてもらいます。

時間の計算なので、「はん」で書く人は、うまく答えられません。

最初は、解答欄に現在時刻を書いていたり、迷子になっていた人たちも、2つの時刻を書いたら、すぐに何時間何分進んだか、書けるようになりました(^^

時計の針を頭の中で回して計算するのは、まだちょっと荷が重いので、読んだ時刻は書いておいた方がラクチンです。

 

さっと読めるレベルにないと、計算までは難しいので、日常的に読む練習は必要だと思います。

時計はまだ3年生でも少し出てくるので、2学期にはスイスイできるようにを、目指していきましょう。

 

漢字練習

漢字練習は、成り立ちのお話をしたり、部品を見つけてもらったり、覚えるための練習をしています。

気になるのは、何人かは心がお散歩している姿です(^^;

恐らく、学校でも授業中に先生のお話が素通りしていると思うので、まずは前を見て、先生のお話を聞くよう練習していきますよ~!

しばらくはしつこいくらいに、「おーい!○○ちゃん、こっち見てー!」って、声かけてます♡

 

2年生では、筆順を見ながら練習することを、強く、強く、強くアピールしています。

なぜならば、それができると、順番通りの方がすぐに覚えられるようになるし、来年には自分で練習できるようになるから。

全体的に、筆順を見て練習している人が、ほぼいないので、ここは口うるさく言ってます。

中には、違う筆順だと分かって書いているので、私が見に行くと必死に隠す人も(笑)

分かってるなら、やりましょう。

分かっていてもやらないのは、危険ですよー!

お家で練習しているときも、「順番通り?」とときどき声をかけて、覗いてみてくださいね。

大人が気にしていると、お子さんたちも「大事なんだな」と実感するようになります(^^

何度も何度も言いますが、筆順をちゃんとドリルで読める人は、自分で教科書が読めるので、必ず伸びます

筆順を読むことすら面倒くさい人は、教科書を自分で読めなくなるので、必ず伸び悩みます

たかが筆順、されど筆順…。

後で絶対に楽になるので、そこはぜひ信じてください(^^

(親子げんかにならないレベルでお願いします~)

 

今日は、先週の宿題で頑張ったページ、今日練習したページの、確認テストページをしました。

直前までなぞって練習して、すぐに裏にある問題を解きます。

さっきまで見てました。

見てた…よ…?

 

あれ?

 

全然…。

 

 

か、

 

書けなーい!

 

はい、予想通りです(笑)

さっきまで練習していたのに、全然書けなくて、皆さん自身がびっくり。

これ、例年、初めての人たちが陥っています。

4年生クラスも、初めての人が多いので、みんなで「あれ?」って言ってます(^^;

 

学校の漢字練習では、「覚える」ことにフォーカスされないので、練習しても覚えていない事実に、気が付きません。

このドリルは、自分テストが充実しているので、書けなくて茫然とします。

宿題も、全部自分テストなので、必ず採点してくださいね。

書けない場合は、赤でお直しします。

ただ、漢字が苦手な方で、カンニングしてでも答えを書きたい人もいます。

例年、カンニングさんはそこそこいます。

このドリルに関しては、カンニングOKです(^^

苦手さんは、そもそも漢字が頭に出てこないので、カンニングでも良いので、見て書く練習が必要です。

だもんで、漢字苦手さんほど、全問正解な宿題を提出してくれます(笑)

実際のテストは、プリントにして教室でするので、ドリルは見ながらでも練習回数を増やす場だと思って下さいね。

できる方は、当たり前のように、テスト形式で厳しくテストで大丈夫です!

 

こんな感じの、1時間を過ごしています(^^

お子さんからのお話だけでは、あまり伝わっていないかと思い、くわしく書いてみました。

ときどき、こうやってご報告するのも、良いかな~と思っています。

GWはお休みになりますが、11日には「速くなったよ~」の声を楽しみにしています♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました