小学生クラスは音読の提出で発表会練習のレベルがぐんぐんUP!

小学生クラスの日常
この記事は約3分で読めます。

例年、夏休みは英語発表会の音読練習です。

今日は、小学生さんの音読練習について書いてみます。

 

毎年、台本読みを宿題に出しているのですが、今年からはLINEで音声を提出するようにしてみました。

と言うのも、「お家で練習が宿題だよ」だと、全然練習できないのが、小学生ってもんですよねー(^^;

毎年夏休みの終わりになって、「来週は練習してきます」と言っては、やってこないの繰り返しのお子さんが大量発生していました。

 

あまりにやってこないので、「お家で練習のお声かけお願いします」と一斉連絡を入れます。

お母さんたちは、忘れずにお声かけくださいます。

そして、もちろん、お母さんの「練習したの?」には、「したー」って答えてます。

 

もちろん。

 

全くしてませんー( ;∀;)

 

 

宿題ができないので、授業時間をつぶして、練習を繰り返し、一人ずつコメントをすることもありましたが、時間がもったいない!

練習不足のため、読めずに黙り込み、他の人の待ち時間が長くなるので、非効率的でした。

 

そして今年。

録音提出にしたので、一人一人のレベルに合わせてアドバイスできるようになりました。

しかも、授業時間をつぶさずに!

画期的です。

トータルで1か月分くらい、授業時間をつぶしていたのが無くなるんです。

1か月分、無料で授業が増えてるイメージ(笑)

 

音読提出の際には、毎週、次のレベルアップポイントを、少しずつお伝えしています。

これは、それぞれのレベルや、得意不得意に合わせています(^^

ちゃんとコメントを読んで、家族で共有されているご家庭は、本当に毎週どんどん上達しています。

 

音読を聞いていると、様子がリアルに伝わってきます。

「お手本に合わせて読んで練習したな」

「単語は読めるけれど、お手本を聞いていないな」

「お手本をあまり聞いていないな」

「頭の中でお手本の音が流れてる読み方だな」

「カタカナでふった読み仮名を読んでいるだけだな」

などなど。

だいたい、お手本を聞いた回数まで、伝わってきます。

 

なので、授業をつぶさずに、毎週みなさんがレベルアップ!

上達スピードがすごいです(^^

お家の方に送っていただく手間は、ありありの、あり!

(何人かはお子さんが自分で送っています)

私も台本を見ながら聞いて確認して、コメントを返してと、実はかなりの手間です(苦笑)

(だいたい、夕食後の片付けが後回しに!)

でも、この上達っぷりは癖になりそうです(笑)

まぁ、授業のある火曜日と水曜日は確認する時間が取りにくいので、指定曜日に提出のご協力をお願いしていますし、その方がフィードバックが大きいのでお得です♡

 

英語音読の目的は、いくつかあります。

小学生さんはまず、英語の語感やリズムに慣れて欲しいと思っています。

日本人の赤ちゃんと同じ!

耳で聞くところからスタートです。

赤ちゃん、話しかけると聞いてますよね。

次に、大人の真似してしゃべったりますよね?

幼児ちゃんが、意味が分からないけど、大人の言葉を真似するようにおしゃべりする、そのくらいの位置づけです。

もう少しすると、見よう見まねで文字を書くようになって…と、日本語と同じ過程をたどってもらっています。

聞いて、読んで、しゃべれないと、文字を書く文法には入れません。

 

ただ、これを「しましょうね」と言っても、なかなかできないのが小学生。

そこで、「発表会」というイベントにしてブーストかけてます♪

 

ちなみに6年生クラスは、発表会も3年目、英語も本当に達者なので、「お家で練習→提出」だけで完了レベル。

授業で「じゃ、合わせてみようか」とやっても、最初から完璧。

みんなスラスラ、ペラペラ。

なので、先週は、「授業でやること無くなったから、カードゲームしようか?」と、ゲームで遊ぶくらい余裕でした(^^

 

さて、音読練習はさぼろうと思えば、いくらでもさぼれます。

ただし、結果は正直についてきます。

普段の100マス計算と同じですよね。

そしてお家学習は、どんなにさぼっても、一生懸命取り組んでも、お月謝は同じです。

ただ、未来だけが変わってくるので、まぁできるだけお得な方に動いてもらえたらなーと思ってます(^_-)-☆

コメント

タイトルとURLをコピーしました