ラジオ講座を聞くことを価値づけ!

英語学習
dav
この記事は約3分で読めます。

5年生、6年生、中学生が聞いているNHKラジオ英語。

毎日聞く習慣をつける課題なので、毎日聞いたかチェックするカレンダーを用意しています。

そのポイントは全部集計して、全員でランキング作成しています。

ただ、それも紙に書くだけじゃ面白くないので、子ども達が注目しそうな、巻物風のイラストで描いてみました(^^

それもラミネート!

付加価値をつけていって、教室では何を大切にしているか、何が誇らしいことなのか、価値づけをしています。

 

だいたい、ラジオの回数は、得意不得意に影響します。

小学校時代にちゃんと聞いていた人ほど、中学校の英語は安定しますが、なかなか聞けなかった人は、思うように結果が出せません…。

もうこれは、小学校中学校の学習内容、何でも共通です。

「やった回数=実力」になります(^^

 

公立の学校の内容は、ほぼ正しくやった回数で、成績が決まると思っても大丈夫です。

内容も大切ですが、回数も大切です。

週に1度だけ2時間英語をするよりも、毎日15分を5日間する方が、定着率も上がります。

100マス計算でも、やった日数分速くなっていますよね♪

回数ではなく、日数です。

 

でも、まだまだ小中学生さんが、自分で進んで取り組むのは難しいです。

それは我が家でも、もう4年以上、「ラジオの時間だよ」と声をかけ続けているので、わかります。

だからこそ、大人が声をかけたり、ちょっと時間を調整してあげないと、本当に差がついてしまうことも、想像できます。

大人が「これには価値があるんだよ」とアピールすることを、子ども達は感じ取っています。

ちょっとでも、「今日はどんなの聞いているの?」「何が出てきた?」「今の聞き取れた?」と、声をかけてあげて、関心を示していただけたら、とっても励みになると思います(^^

 

親が興味のあるものに、親が価値を感じるものに、子どもは興味を示します。

脱線しますが、私は、子どもの頃から吉本のお笑いが苦手でした。

今でも、家庭内で一切見ていないせいか、子ども達は全く興味を示しません。

私が苦手だったのは、多分、母が「人にいたずらして笑うのは良くない」と、見せなかった影響だと思います。

という風に、親の親の代から影響してますね~(^^;

学習面でも、親が「苦手だ」「面倒だ」「難しい」など言ってしまうと、末代まで呪われるかも知れないので、ご注意ください(笑)

 

逆に、「毎日やってエライね!」「今日もがんばろう!」と、良い呪い?をふりかけて下さいね~♡

お子さんたちが楽しくラジオ講座に向かえたら、将来お孫さんに「お母さんもよく聞いていたよ」と言えるかも知れません☆彡

コメント

タイトルとURLをコピーしました