よもやよもやだ!子どもたちは意外と、よもやの意味を知らなくてびっくり?!

小学生クラスの日常
この記事は約2分で読めます。

写真は今朝の東の空。

ちょっとまぶしいですが、すごくパッキリとした雲!

次女さんが気づいて教えてくれて、私もびっくりでした。

 

早速、国語の授業で「見た?」と聞いてみたけど、見てたのは1名のみ。

うーむ、もったいない!

こういうの見ると、どうやってこんなにパッキリできたのか、知りたくなります(^^

さて、今日の6年生の国語では、文末が決まっている言葉の練習をしました。

その中で出てきたのが、「よもや」!

もう最近では、かなり普及した煉獄さんのセリフ!

小さな子までも「よもやよもや!」と叫んでるくらいなので、こりゃ楽勝だなーと思っていたのですが…。

 

誰も、正解しなかったー(ToT)

 

「え?よもやの意味を知らない?」

「『まさか』で言い換えられるときに、使うんだよー」と、使う場面の説明をしたのですが、実は知らなかったみたいです。

 

まさしく、「よもや、意味を知らずに使っているとは!」です(苦笑)

ひょっとして世の中の子どもたち、大半がこれ?!

 

煉獄さんは、「まさか自分が眠っちゃうなんて!」と言っていたわけですが、子どもたちはいったいどういう意味でとらえてるのかな?!

 

と言うのも、鬼滅を見ていない長女が、「『よもや』って古文のテストに出たけど、何で次女ちゃん知っとるん?」と言ってました。

そうか、大人が普通に分かっていたのは、知識があるからか!

と、ちょっとビックリなできごとでした。

 

お子さんが煉獄さんのセリフ知っていたら、意味も分かっているか、ぜひ聞いてみてくださいね♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました