2年生算数の落とし穴!単位変換が大変!でもその原因は1年生の内容です。

小学生クラスの日常
この記事は約3分で読めます。

2年生では、算数のいろんな単元を復習しています。

実は、2年生って、算数のつまづきがいっぱい!

1番の肝は、単位の行き来がたくさん出てくること。

 

たし算のひっ算で、くらいどりの量を想像できていない、という話を以前書きました。

これが、単位変換でもかなり見られます。

 

例えば、「1時間=60分」は答えられます。

でも、「1時間30分=90分」になると、分かりません。

60分は暗記しているだけなので、90分ー60分の計算が思いつかないのです。

これ、cmでも、dlでも、全てに当てはまる現象です(^^;

だから、「3dl5ml=8ml」って書きます。

 

数字は読めるけれど、量としての大きさが見えていないこと。

100という数字が、10が10個分だと、見えていないこと。

10進数の基本、となりの桁が10倍、10分の1だということが理解できていないこと。

1年生での算数セットなどで、量を体感する練習はしていると思いますが、ここがピピっとつながっていないと、2年生の単元は意味不明になるのです。

 

今まで、ママ友さんを含めて、2年生のお母さんたちのお悩みは多かったです(^^;

うちの子、時間の計算ができない!

デシリットルなんて、生活で使わないのに、何でやんなきゃいけないのよー!

何度定規を見せても、㎝が分かんないなんて!

 

これらは、恐らく、数字の量感覚、10進数に不慣れなことが、原因にあると思います。

単元としての練習も有効だとは思いますが、単元ごとに練習するよりも、10進数の理解を深めた方が、何にでも使えて楽かなーと思っています。

実際、学年が上がると10進数に慣れてくるので、いつの間にかできるようには、なってきます。

だから、すぐにできなくても困ることは無いのですが、本人が分からなくて難しくて、自信を無くしてイヤになるのは、避けたいところ。

 

もちろん、単位変換が上手な人もいます。

その人は、数のまとまりを扱うことが上手なので、どの単位になっても、変換ルールさえ確認すればスムーズでした。

でも、うちの次女さん含めて、「3dlは何mlやっけ?」「それと5mlを合わせたら?」と1つずつ見るように声をかけて、やっと「あ!」と気づくことが多い様子でした。

 

2年生の算数の肝は、単位変換。

変換が難しいのは、単位の勉強というよりも、10進数の理解不足が原因です。

数字を数えること、唱えることと、位が1つ上がることの意味を理解するのは、また別ものです。

お子さんが、単位変換を苦手そうにしていたら、ちょっと量感覚や10進数も気にしてみてくださいね☆彡

コメント

タイトルとURLをコピーしました